トップ
大学案内
武蔵の学び

ニュース一覧2022年4月 国際教養学部(仮称)の設置を構想

2020.6.26

武蔵大学

お知らせ

PickUp

twitter

facebook

2022年4月 国際教養学部(仮称)の設置を構想

武蔵大学は、2022年4月に国際教養学部(仮称)の設置を構想しています。本学は、2022年の武蔵学園創立100周年に向けて、大学の目指す新しいビジョンを「異文化を理解し未来を創造する教養あるグローバル市民の育成」と定め、教育改革を進めています。これまでも、2015年度に経済学部で「ロンドン大学と武蔵大学とのパラレル・ディグリー・プログラム(PDP)」、2017年度には人文学部で「グローバル・スタディーズコース(GSC)」、社会学部で「グローバル・データサイエンスコース(GDS)」を設置するなど、全学的にグローバル化をすすめてきました。
このたび国際教養学部(仮称)の設置により、本学はこれまで以上に社会が求めるグローバルリーダーの育成に取り組んでまいります。

武蔵大学長  山嵜哲哉

※ 詳細は、大学Webサイトをご覧ください。
※ 現在は設置構想段階であり、内容に変更がある場合があります。
※ 詳細については決定次第、順次Webサイト等で公表いたします。

本件に関するお問い合わせはこちら

リベラルアーツ-

to-top