トップ
武蔵の学び

ニュース一覧経済学科 広田ゼミの学生が論文大会「地方財政研究会学生の部」で審査員特別賞を受賞

2018.9.6

武蔵大学

PickUp

経済学部

学生の活躍

twitter

facebook

お知らせ

経済学科 広田ゼミの学生が論文大会「地方財政研究会学生の部」で審査員特別賞を受賞

経済学部経済学科 広田啓朗ゼミの2年生4名が、9月3日(月)に大阪商業大学梅田サテライトキャンパス で開催された論文大会「2018年度地方財政研究会 学生の部」*において、審査員特別賞を受賞しました。

【受賞メンバー】経済学部経済学科2年生 Bチーム
●川村 奎太 さん
●今野 瑛莉奈 さん
●昆野 楓耶 さん
●室井 英和 さん

論文タイトル:「ふるさと納税で地域活性化は可能か」

論文概要:本論文は、ふるさと納税制度が地方財政に与えた影響を検証している。分析では、総務省が作成する「類似団体別市町村財政指数表」の分類を用いて、返礼品の違いに焦点を当てながら、市町村の実質収支や財政力に与えた影響を比較・検証している。

*地方財政研究会:地方財政に関心を持つ研究者の交流を目的としていて、他大学のゼミや学生との交流も行われています。
to-top