トップ
大学案内
武蔵の学び

ニュース一覧「被爆者の声をうけつぐ映画祭2018」に吉永小百合さんが出席

2018.7.18

武蔵大学

社会学部

イベント

「被爆者の声をうけつぐ映画祭2018」に吉永小百合さんが出席

社会学部メディア社会学科 永田 浩三 教授がコーディネイトと司会を務めた「被爆者の声をうけつぐ映画祭2018」が7月14日(土)、15日(日)の2日間にわたり武蔵大学 大講堂にて開催されました。山㟢 哲哉 学長の挨拶からはじまり、「愛と死の記録」(1966年 監督:蔵原惟繕)の上映に併せたトークイベントでは、主演の吉永小百合さんとドキュメンタリー映画監督の宮崎信恵さんが対談しました。

「被爆者の声をうけつぐ映画祭」は、これまでの活動が評価され、2017年度の日本映画復興賞を受賞しています。


→「被爆者の声をうけつぐ映画祭2018」Facebook

吉永小百合さん

【写真提供】被爆者の声をうけつぐ映画祭(撮影:小宮広嗣)

被爆者の声をうけつぐ映画祭2018トークイベント

トークイベントの様子
【写真提供】被爆者の声をうけつぐ映画祭(撮影:小宮広嗣)

吉永小百合さんと宮崎 信恵 監督

宮崎信恵さんと吉永小百合さん
【写真提供】被爆者の声をうけつぐ映画祭(撮影:小宮広嗣)
to-top