トップ
大学案内
武蔵の学び

ニュース一覧新年のご挨拶2018 ―学長 山㟢哲哉―

2018.1.1

武蔵大学

お知らせ

PickUp

新年のご挨拶2018 ―学長 山㟢哲哉―

学長

2018年、あけましておめでとうございます。

武蔵学園は、1922(大正11)年の旧制武蔵高等学校創設から、あと4年で100周年を迎えます。同時に、旧制高校を母体とする武蔵大学も、3年目に入る第三次中期計画において「異文化を理解し未来を創造する教養あるグローバル市民の育成~創立100周年に向け原点に立ち返り、建学の三理想の継承と未来への変革を目指す~」を目標として、さまざまな取り組みを進めています。

その第1は、2015年から開始した経済学部の「ロンドン大学と武蔵大学とのパラレル・ディグリー・プログラム」です。これは武蔵大学とロンドン大学の2つの学位を、4年と1ヶ月学ぶことで取得するというプログラムです。日本にいながら世界標準の授業を英語で受講し、世界有数の大学の学位を取得することができます。昨年からは、人文学部で「グローバル・スタディーズコース」と社会学部で「グローバル・データサイエンスコース」もスタートしました。

このたび、任期終了に伴う学長選考にて再任され、今年からの4年間、学長を任されることになりました。上記の新しい取り組みに加え、旧制高校時代からの伝統の少人数教育の継続と進化、さらにはグローバル化した時代にふさわしいゼミの形、教育のあり方を実現してきたいと思いますので、皆様のこれまでと変わらぬ力強いご支援をお願い申し上げます。今年1年が皆様にとって、稔り多き年となりますことを心から祈念して、新年のご挨拶と致します。

2018年元旦
学長 山㟢 哲哉
to-top