トップ
大学案内
武蔵の学び

ニュース一覧International Career Week第3弾 講演会『キャリアの選択肢をひろげるための英語の重要性』を開催いたしました

2014.7.9

武蔵大学

外国語教育

PickUp

お知らせ

International Career Week第3弾 講演会『キャリアの選択肢をひろげるための英語の重要性』を開催いたしました

7月3日、International Career Week第3弾 (外国語教育センター・キャリア支援センター共催)の企画として、一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会 専務理事の斎藤真氏をお招きし、講演会を開催したしました。学生および教職員約40名が聴衆として参加しました。
 
 斎藤氏のこれまでのご経験・ご体験から、海外での大学生活や海外で働くそれぞれの段階に応じて必要ないくつかのスキルやマインドについてお話しくださいました。大学時代に必要なスキルの1つとして「contribution(貢献)」を挙げられ、外国人に受け入れてもらうためには、相手から知識を吸収するという受け身の姿勢に終始することなく、貢献する意欲を持ち、相手にも何かを与えようと心がけるGive and Takeの精神が大切である。また、企業に入り非英語圏で仕事をする際に必要なスキルとして、メキシコ(スペイン語圏)での経験を例に挙げられ、コミュニケーションをとるためには英語だけではない「English plus(共通の言語)」の習得と、さらに「cross cultural understanding(異文化理解)」が必要であるとお話しくださいました。
次に、企業での英語およびTOEIC®テストの活用実態をご紹介いただきました。今後さらに日本企業が海外に展開していく中で、最大の課題は「人財」不足であると企業は認識し、なかでも日本人の英語力の低さが課題となっており、日本人の英語力の向上が求められている。TOEIC®テストは英語力を確認する「ものさし」であるので、海外留学や仕事に活用してほしいとのことでした。
最後に、英語が出来るだけではグローバル人材ではない、異文化との調和を図り、相手に価値を与えることができる、市場価値のある「人財」を目指してほしい、「Good luck and Enjoy your life」というメッセ―ジをいただきました。

MCVでも皆さんが「グローバル人財」となるためのサポートをしていきますので、ぜひご活用ください。
 
TOEIC is a registered trademark of Educational Testing Service (ETS).This website is not endorsed or approved by ETS.

iibc講演会2

iibc講演会1

to-top