トップ
大学案内
武蔵の学び

ニュース一覧杉田弘子武蔵大学名誉教授が第23回和辻哲郎文化賞を受賞

2011.2.8

武蔵大学

お知らせ

PickUp

杉田弘子武蔵大学名誉教授が第23回和辻哲郎文化賞を受賞

杉田弘子武蔵大学名誉教授が『漱石の「猫」とニーチェ』(2010年、白水社発行)で「第23回和辻哲郎文化賞」の一般部門を受賞されました。授賞式は2011年3月6日(日)に姫路市市民会館にて開催。東京大学大学院教授の姜尚中氏が「近代的自我と承認」と題して記念講演を行います。

「和辻哲郎文化賞」は、姫路市制百周年と姫路出身の哲学者和辻哲郎(明治22~昭和35年)の生誕百年を記念して、昭和63年度に姫路市が創設。和辻哲郎の幅広い学的業績を顕彰し、和辻哲学の今日的意義を国の内外にわたって探るとともに、研究者の育成かつ市民の文化水準の向上に資するために設けられました。
その中でも「一般部門」は、和辻哲郎が文学、歴史、芸術などさまざまな領域において横断的かつユニークな著作を世に問い、広範な読者に訴えかけたスケールの大きな学者であったことを鑑み、文化一般におけるすぐれた著作に与えられます。

→詳細は姫路文学館HPをご覧ください
to-top