トップ
大学案内
武蔵の学び

ニュース一覧テンプル大学と「教育・学術上の連携に関する基本協定」を締結

2009.4.24

武蔵大学

お知らせ

PickUp

テンプル大学と「教育・学術上の連携に関する基本協定」を締結

テンプル大学と「教育・学術上の連携に関する基本協定」を締結

武蔵大学、武蔵高等学校中学校と米国フィラデルフィアに本校を置くテンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)は、教育・学術上の連携に関する基本協定を締結しました。協定書の調印式は4月23日、武蔵大学8号館で行われました。

協定の主要な目的は、日本人学生・生徒が国際化時代に対応できる本格的な英語力とアカデミックスキルを身につける教育システムを実現し、他方で外国人学生が英語および日本語で日本について深く広く学ぶ場を創出することにあります。さらに、三者の教員による共同研究、その成果を社会に還元するための学術講演会・文化的イベントなどの開催、図書館などの相互利用のほか、将来のダブルディグリー制度導入も視野に入れ、大学学部課程における単位互換のための環境整備も検討する予定です。
具体的な事業詳細は、今後、三者間でタスクフォース(委員会)を立ち上げて決定していくことになっています。

【今後実施が予定される連携事業】
(1) 教職員の交流
(2) 学生・生徒の交流
(3) 学術的な共同研究
(4) 連携協力事業のための外部資金の確保
(5) 施設・設備の相互利用
(6) その他、共同企画による教育・文化事業

写真は調印式後の記念撮影(左から山﨑元男武蔵高等学校中学校校長、平林和幸武蔵大学学長、有馬朗人武蔵学園長、ブルース・ストロナク テンプル大学ジャパンキャンパス学長)
to-top