トップ
大学案内
武蔵の学び

ニュース一覧第5回公共広告CM学生賞で奨励賞受賞

2009.4.6

武蔵大学

学生の活躍

PickUp

第5回公共広告CM学生賞で奨励賞受賞

第5回公共広告CM学生賞で奨励賞受賞

第5回公共広告CM学生賞(主催:AC公共広告機構)で、本学社会学部メディア学科の学生が奨励賞を受賞しました。

「社会学部 社会実践プロジェクト」(注)の一環であり、学内選考を経て、同賞への参加応募が決まりました。本作品は、中橋雄准教授指導の「メディア社会学表現ゼミ」(メディア社会学科1年次の必修ゼミナール)からの出品です。

表彰式は、平成21年3月26日(木)汐留の電通ホールで行われ、制作者の高橋さん、吉田さん、高谷さんと社会実践プロジェクトを統括している小田原敏教授が出席しました。3人は口を揃えて「さすがにグランプリなどを受賞した作品は、メッセージが明確で、ひねりもある。次回はグランプリを受賞できるような作品を目指します。」と目を輝かせていました。

<奨励賞> タイトル:「孤食」 テーマ:家庭内でも一人で食事を摂る子供が増えているという現状を訴えたもの 社会学部メディア社会学科2年 高橋さん、吉田さん、高谷さん制作

(注) 社会実践プロジェクトとは、学生が講義や実習での知識を活かして、より現実的、より実践的な学びを単に社会と関わるというスタンスを超えて、社会に向けて自らの知見や主張を積極的に発信していこうというもの。基本的に講義や実習の延長線上にある正課外活動だが、一定の要件をもって社会学部が社会実践プロジェクトとして認定、専任教員を担当者および責任者として配置している。
平成20年度は、「武蔵テレビ」(オープンキャンパスの際に二元生放送を実施)、「J:COM」(学生が制作した30分番組を2回放送)、「ACプロジェクト」などがある。このACには、3学部から80名の参加・出品があった。
to-top