トップ
大学案内
武蔵の学び

ニュース一覧ゼミ対抗研究発表大会2008結果報告

2008.12.10

武蔵大学

学生の活躍

PickUp

ゼミ対抗研究発表大会2008結果報告

武蔵大学で、平成20年12月6日(土)にゼミ対抗研究発表大会(通称:ゼミ大会)が開催されました。

「ゼミの武蔵」を象徴するこのイベントは、ゼミの代表者が1年間の研究成果を発表し、ゼミ間で競いあう毎年恒例の行事です。研究発表を聞いて他のゼミの活動内容を知ることにより、今後のゼミ活動の刺激にもなっています。また、発表の評価には教員だけではなく、社会で活躍する卒業生も加わるので、学生と社会人との接点にもなっています。

長い伝統を持つゼミ大会は、本年、リニューアルして5年目になりました。特別企画として、武蔵大学の卒業生であるエルメスジャポン株式会社代表取締役社長の有賀昌男氏とコーチ・ジャパン株式会社ヴァイスプレジデントの前田達也氏を迎えて、パネル・ディスカッションを実施しました。

「グローバル化する社会で活躍するために今すべきこと」というテーマで、経済学部黒岩健一郎准教授の司会のもと、興味深い議論を展開しました。

研究発表では、経済学部33チーム、社会学部3チームが、8つのブロックに分かれて優勝を競いました。
「サンゴ礁保護の経済価値」「複合型ショッピングモールの比較」「財務指標が語る会社の将来」「テレビ番組と心理」といった研究について発表され、在学生だけでなく同窓会員や高校生など約500名の聴衆が集まりました。
大会後は懇親会も行われ、優勝チームの発表や審査員との交流など、和やかな雰囲気で閉会しました。

優勝ゼミ
モダン・エコノミクスブロック 松川ゼミ
世界と日本の経済ブロック 横川ゼミ
ビジネスブロック 杉本ゼミ
経営情報ブロック 黒岩ゼミ
会計ブロック 鈴木ゼミ
家計の資産運用と株主投資ブロック 安達ゼミ
金融市場と世界経済 安達ゼミ
社会学部ブロック 山下ゼミ

有賀昌男氏と前田達也氏を迎えてのパネル・ディスカッション

有賀昌男氏と前田達也氏を迎えてのパネル・ディスカッション

学生の発表

学生の発表
to-top