Musashi Communication Village(MCV)

英語は言うまでもなく、さまざまな外国語に触れられ、実際に楽しく使ってみることもできる「国際村」です。
ここでは英語が日常の公用語ですが、特に外国語のイベントの際には、それぞれの国・地域の言葉が飛び交います。
楽しく「キャンパス留学」して、たくさん聞いて、たくさん話し、コミュニケーション力を高めてください!

MCV POINTS

POINT 01  英語のフリートーク

外国人スタッフや学生スタッフが学期中常駐しているので、いつでも英語によるフリートークを楽しめます。参加者のレベルに合わせるので、初級者でも大丈夫。たくさん通うことで生きた英語が身につきます。

POINT 02  さまざまな参加体験型のプログラム

ハロウィン、クリスマスなど、外国の習慣や文化を体験できる各種イベントや、MCVスタッフによるさまざまなテーマのアクティビティに参加したり、友達や学生スタッフと一緒に英語のゲームを楽しむことができます。

POINT 03  学生スタッフを募集

MCVでは英語力に加え、「グローバル人材力(=異文化理解力・企画力・実行力)」の向上のために、学生の皆さんがMCVスタッフとして運営に参加する仕組みを作っています。オリエンテーション(研修)も行いますので安心して応募することができます。

MCVフロア

focus area(cut)
MCVプログラムやフリートークをおこなう他に多数の書籍類をそろえています。
 
豊富な書籍類
 ・英語学習のために作られている単語数別の多読本
 ・様々なジャンルの洋書(Novel、History、Art、Comedy、Thrillersなど)
 ・海外の雑誌
 ・日本のマンガの英語版
 ・各種試験対策用参考書
DVD
ゲーム
 ・ボードゲームやカードゲーム
英字新聞
PC
TV
 
多読本以外の書籍・DVD等の貸し出しはおこなっていません。MCVエリア内で楽しんでください。
  • magazines
    英字新聞や雑誌等
  • Game
    ボードゲーム

MCVについての大切なこと

MCVは武蔵大学の学生、教職員が、皆で育ててゆくコミュニティです。そのコミュニティの一員として、以下の点についてご協力をお願いします。
  • MCVエリア内では原則として英語(または日本語以外の外国語)でコミュニケーションをはかってください。
  • 皆が一緒に英語やその他の外国語のコミュニケーションが楽しめるようお互いにマナーを守りながら、より良い雰囲気作りにご協力をお願いします。
  • ドリンクの持ち込みが可能です。
  • 貴重品は各自で管理してください。

MCV紹介動画

MCVの魅力を動画で紹介しています。ぜひご覧ください。

利用するには

武蔵大学生・大学院生でしたらどなたでも無料で利用できます。※科目等履修生、練馬区特別聴講生は、予約制プログラム(外国語学習サポート、クッキングクラス等)は参加できません。希望者には、カウンターにてパスポートを発行しています。プログラムに参加するとスタンプがもらえますので学習記録としてご活用ください。
  • passports
  • stump1

プログラム予約方法

MCVには、予約制のプログラムがあります。
プログラムの予約はMCV予約サイトから可能です。MCV予約サイトは3Sからアクセスしてください。
予約方法の流れを予約マニュアルでご紹介しています。

開室時間

月~金:9:00~17:00

*閉室日:土曜、日曜、授業のない祝日、大学の休講日、年末年始、夏季休暇期間

MCV Educational Doctrine

MCV Mission Statement

To create, maintain, and constantly work on developing an environment in which students can practice using a foreign language for communication and thus gradually improve their knowledge of and communicative ability in that language. Our mission is to create an environment that is welcoming but that also gently pushes students to move beyond their current language ability. Additionally, understanding that it is impossible to separate language from culture and because we wish to empower students with a global knowledge base that positions them as active international citizens, we strive to incorporate language interaction within the various cultural contexts from which it originates.

MCV Implementation

Policies, Procedures, & Programs: In order to accomplish the goals set forth in the mission statement, the following “Policies”, “Procedures”, and “Programs” have been established. Note – Modification of the “3P’s” is expected and will be a continuous process in accordance with the mission of constantly improving upon what the MCV has to offer to Musashi University students.

Policies

  1. Atmosphere
    • MCV Staff (admin & educational) should always be conscious of the visitors who are in the MCV and work toward the goal of making their visit a valuable language-learning encounter.
  2. Education
    • Every effort will be made to make visits to the MCV (for whatever reason) an educational experience. (e.g. This may be as simple as a greeting in a foreign language.)
  3. Participation
    • Programs will be designed such that linguistic interaction (communicative language use) is a core feature.
  4. Motivation
    • MCV Staff will work to positively influence learner motivation by attempting to determine what the motivational factors are for each individual visitor and catering to them.

Procedures

  1. Monitoring
    • In order to understand how well the MCV is accomplishing its goals, various types of ‘market research’ (monitoring) will be conducted.
  2. Marketing
    • Continual efforts will be made to market the opportunities and learning resources that are available in the MCV.
  3. Innovation
    • In response to monitoring and other sources of feedback, new program offerings will be continually considered. New programs should incorporate the ideologies listed in the MCV Polices section of this Doctrine.
  4. Implementation
    • Programs will be implemented in accordance with the policies set forth in the mission statement. Newcomer students will be encouraged to return to the MCV and every effort should be made to make the learning experience one that students will want to repeat.
  5. Interaction
    • The MCV will focus on providing interactive learning opportunities to all of its visitors. Additionally, we will strive to utilize technology to provide students with asynchronous linguistic and cultural learning opportunities that will strengthen their confidence and desire to devote further time and effort (in the MCV) toward expanding their horizons as global citizens.

MCVスタッフ

村長・人文学部専任講師

中村先生