2013.07.09

Category:2013年度前期

フェーズ2⑥・・・知と実践の融合

フェーズ2⑥・・・知と実践の融合

7月8日(月)2時限目と3時限目に、授業が行われました。
今回は、本授業を以前履修した4年生をゲストスピーカーに招き、「三学部横断ゼミの経験をその後の活動にどう生かしたのか」というテーマで就職活動をメインに話してもらいました。

4年生たちが本授業を履修して感じたことは、「自分自身の強みや弱みを知ることができた」「自分の力を知る機会になった」「自分だけでするには限界があるこ とを知った」など様々です。この授業では、SNSの活動日記、キャリアコンサルタントの面談、各種評価ツールの活用などを実施し、生涯学習力につながって いく「正確な自己評価」能力の育成を目指しています。自分自身を知るということは、ゼミ活動やアルバイト、部活、就職活動などさまざまな状況において、効 果の高い活動に挑めるようになります。4年生たちの冷静に自分自身をみつめ、就職活動を終えた様子を聞き、本授業での学びを実践していることが分かりまし た。

フェーズ2⑥・・・知と実践の融合

授業後の日記で真保晶子人文学部助教が「大学の学問は実社会で何の役にも立たないとよくいわれるが、結局はすべてつながっているのではないかと思う。本や資 料を読んで、そこから何かを見つけ出す、自分の視点を論理立てて実証する、授業で話し合ったり、アイデアを出し合って、自分だけでは気が付かなかった新し い視点を他人から発見することは、仕事を含めて、生きていく上で不可欠なのだから。」と書いてありました。

本学の基本理念は「知と実践の 融合」です。自ら調べ自ら考えた「知」を社会に応用し、さらに「実践」からの還元を受けて「知」を深めるという好循環を目指しています。本授業では、学ん だ「知」を生かしながら、次に学生たちのそれぞれの場で「実践」していくことを望んでいます。今回の4年生の発表を聞いて、それぞれが自分の考えを持ち、 しっかりとした足取りで進んでいることを実感しました。

今回履修生した学生たちも、最終報告会の余韻にひたるのではなく、今回の経験から何を得て、今後違う舞台でも応用し、再現するためにどうその成果を意味付けするかを考えて、次につなげてほしいと思います。

記:学部横断型課題解決プロジェクト運営チーム 伊藤普子

ページトップへ