2011.01.18

Category:2010年度後期

2010年度後期最終授業

2010年度後期最終授業01

1月11日(火)、17日(月)に2010年度後期の最終授業が行われました。
前期同様、民間企業の人事部経験者である笠原助教の、「エントリーシートの書き方」の説明があり、その後今回の三学部横断ゼミの経験をエントリーシートに書いてみるという作業に取り組みました。

2010年度後期最終授業02

エ ントリーシートを書く前に、昨年度後期履修生の4年生2名に就職活動について語ってもらいました。二人の話すことを聞いて感じたのは、「自分の言葉でしっ かり話せる」ということ。それも三学部横断ゼミ・学部のゼミ・アルバイト・部活などさまざまな経験を通して、自分の芯となるものを確立できたからこそでき ることなのだということが、話す一つ一つの言葉で感じ取れました。

 

両授業とも履修生から4年生の先輩に「なぜ就職しようと思ったのか?」 という質問が出ました。「働く」ということは当たり前なことと考えがちですが、「学生」という立場から「労働者」という立場に変わる前に、一度じっくり考 えるべき問題です。その答えから、将来が見えてくるかもしれません。

 

2010年度後期最終授業03
9月の中旬からスタートした授業ですが、今回が最終授業となりました。この授業で行ってきたことは、「自分を見つめること」です。その中で自分に少しでも自 信が持てたのではないでしょうか。「自分とは何か」ということを理解できた人は強いと思います。これからの人生、自分自身を「振り返る」ことを忘れずに一 歩一歩進んでほしいと思います。

 

記:教育GP推進チーム 伊藤普子

ページトップへ