2010.11.01

Category:2010年度後期

第6回・・・答えは一つではない

第6回・・・答えは一つではない01

10月26日(火)と11月1日(月)に第6回授業が行われました。
学生たちはだんだん疲労が見えてきています。横断ゼミ・学部のゼミ・アルバイト・部活・そして今週の白雉祭――。どれも中途半端に終わらないようにしてほしいと思います。

授業中のほとんどの時間は、学生たち「話し合い」に費やします。もちろん話し合いの内容は、中間発表会にむけて課題をどう結論づけて発表するかです。

第6回・・・答えは一つではない02

「今 の学生ははじめに答えを知りたがる」という話しを聞きます。大学受験までの勉強が一つの答えを回答していくことの訓練です。「答えは一つ」という固定観念 がここで生まれるのでしょうか?今回の課題の答えは、教員でもわかりません。どういうふうにまとめて発表するのか、それは学生自らがその答えを見つけ出さ なくてはいけません。その方向性が正しいかどうか、そこを確認していくのが教員の役割です。

「生みの苦しさ」を味わい、「創造すること」 のすばらしさを知る。苦しみのあとには必ず何かが見えてくるものだと思います。ある学生が「授業の前の日は憂鬱だ」と言っていたようです。今は「苦しみ」 の段階です。そこからどう抜け出すのかがポイントです。笠原助教が日記に「調べたことが次につながり、更にチームで共有していくことで、情報が点から線、 線から面へと広がっていくように感じられると思います」と書いていました。やはりチームワークにかかってくるのだと思います。

第6回・・・答えは一つではない03

来週の土曜日はいよいよ中間発表会。課題提供企業様の前でどんな発表ができるでしょうか?これから中間発表会の追い込みがはじまります。体調管理だけは気をつけてほしいと思います。

記:教育GP推進チーム 伊藤普子

ページトップへ