2012.01.10

Category:経済学科

他大学との交流

12月2日(金),本学にて西南学院大学商学部の福島ゼミとのインターゼミナール(以下,インゼミ)を開催しました。インゼミでは,両ゼミから選出され た4チームによるプレゼンテーションとディスカッションを中心に,約3時間にわたって活発な議論が展開されました。両ゼミはともに,企業の業績評価や意思 決定の仕組みを分析する管理会計論と呼ばれる領域を専門としていますが,各チームの報告テーマは「ブランド拡張の成功要因」「ハブ空港の経済性」「社会的 企業と行政組織との関係」「自動車産業の国際競争力」など,必ずしも管理会計の領域に縛られない非常に幅広いものでした。テーマの幅広さゆえに議論が噛み 合わないことも間々見られましたが,相手の発表内容を聞き漏らすまいとする学生達の真剣さには驚かされました。

 

いずれの発表も非常に有意義でしたが,もちろん,その完成度は必ずしも完璧なものではありません。今回のインゼミを通じて,両ゼミの学生とも多くの課題が見つかったようです。発表を担当 した目時ゼミの学生は,「本番は何をしゃべっているのかわからなくなるほど緊張してしまい,準備してきた成果を十分に披露することができなかった」「相手 チームからの質問にしっかりと答えることができず,調査不足や自分たちの考えの甘さに気付いた」などと,当日のことを振り返っていました。今回のインゼミ を通じて,自分たちの考えを論理的に相手へ伝えることの難しさや,緊張状態のなかで実力を発揮することの難しさに改めて気づくことができたようです。

 

西南学院大学福島ゼミとのインゼミは来年度も引き続き実施していく予定となっており,来年度からは,さらに参加校が増える予定となっています。各大学には その大学独自のカルチャーがあります。他大学のゼミと交流を持つことは,様々な価値観に接する非常に良い機会となると思います。そのためにも,来年度は今 回のようなインゼミにとどまらず,他大学との合同合宿などを開催することも計画しています。

※目時ゼミの活動の詳細については,下記ゼミブログをご覧ください。

 

http://metokizemi.blog.fc2.com/

 

経営学科 目時壮浩

ページトップへ