トップ
武蔵の学び

トップ 学生生活 相談窓口と支援組織 学生支援センター 大学保健室学校感染症の取扱い

学校感染症の取扱い

学校感染症・登校許可証明書について

学校保健安全法には下記の通り学校感染症が決められており、感染症ごとに出席停止の期間の基準が定められています。
<第一種>
エボラ出血熱、クリミヤ・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、急性灰白髄炎、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群、鳥インフルエンザ(H5N1)

<第二種>
インフルエンザ、百日咳、麻疹、流行性耳下腺炎、風疹、水痘、咽頭結膜熱、結核

<第三種>
コレラ、細菌性赤痢、腸チフス、パラチフス、腸管出血性大腸菌感染症、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎、その他の感染症
これら感染症に罹患あるいは罹患の疑いがある場合には、
医療機関で医師の診断を受け、登校せずに大学保健室に電話連絡を入れてください。

治癒して登校する場合には、登校許可証明書等を医療機関に発行してもらい、それを持ってまず大学保健室に来室してください。
医師の診断がないものは、受け付けられないので注意してください。

登校許可証明書は下記PDFをダウンロードもしくは大学保健室からFAXもしくはメール添付で送付いたします。

登校許可証明書(54KB)

*出席停止措置については、履修要項も参照ください。
ご不明な点がある場合には、大学保健室までお問い合わせください。
to-top