トップ
武蔵の学び

トップ 学生生活 相談窓口と支援組織 学生支援センター 大学保健室大学保健室のご案内

大学保健室のご案内

大学保健室は、みなさんの学生生活を心身の面からサポートする場です。
保健師・看護師が常駐しておりますので、以下のようなことで相談したいことがありましたら、遠慮なく声をかけてください。

大学保健室

健康診断
学校保健安全法および学則に基づき、年に1度の受診が義務付けられています。必ず受診し健康状態を把握しましょう。
受けていない場合には、健康診断証明書の発行ができません。所定の期日に受診できなかった場合には、大学保健室に連絡をして指示を受けてください。

健康診断の結果をもとにして、経過観察や精密検査及び治療のための面接や病院紹介等を行い、病気の予防・早期発見・早期治療及び健康増進を図るためのお手伝いをします。

健康相談
体の調子がすぐれない、気持ちが沈んでやる気が出ないなど、1人で心配したり悩んだりしないで、気軽に相談してください。
学校医の相談日もありますので、希望者は申し出てください。

応急処置
学内でのケガや急病に対し、応急的な処置を行います。
治療が必要な場合は、医療機関を紹介します。
*最寄り(江古田キャンパス・朝霞校地)の医療機関
*内服薬は原則授与できません

健康管理
身長、体重、体脂肪、血圧などの測定ができます。
アルコールに対する体質がわかる「アルコールパッチテスト」や、タバコによる肺への影響がわかる「呼気一酸化炭素測定」ができます。
健康や食事に関する本の閲覧ができます。

遠隔地用保険者証
親元から離れて暮らしている場合は、「遠隔地用被保険者証」の交付を受け、必ず携帯してください。不携帯で、医療機関を受診した場合は、私費払い(全額個人負担)となります。保険証のコピーは無効です。

手続き方法は、国民健康保険の場合は在学証明書を出身の市町村役場に、その他の場合は在学証明書を保護者が働く事業所に提出することにより交付されます。

学校感染症
感染症の流行を予防するため、受けていない予防接種がある場合は、体調の良いときを選んで、是非早めに受けることをお勧めします。大人になってからの罹患は、重症化しやすいといわれています。

学校保健安全法に定められた学校感染症と診断された場合、集団感染を防ぐため、治癒するまでの決められた期間、登校停止になります。(例 結核・インフルエンザ・麻疹・水痘・百日咳等)罹患した際は、すみやかに大学保健室に連絡し、所定の手続きをとってください。

→学校感染症の取扱い
お気軽にお問い合わせください
武蔵大学 大学保健室(10号館1F)
〒176-8534 東京都練馬区豊玉上1-26-1
開室時間 平日9:00~16:40
(土日・祝日はお休み)
TEL:03-5984-3726 FAX:03-5984-3761

お問い合わせ

to-top