トップ
武蔵の学び

ニュース一覧金融学科・茶野努教授が金融専門誌『月刊金融ジャーナル2017年4月号』に寄稿

2017.5.1

武蔵大学

メディア掲載

PickUp

経済学部

お知らせ

金融学科・茶野努教授が金融専門誌『月刊金融ジャーナル2017年4月号』に寄稿

経済学部金融学科・茶野努教授が金融の専門誌『月刊金融ジャーナル2017年4月号』(金融ジャーナル社発行)に寄稿しています。タイトルは、マイナス金利が生保に与えた影響です。(4月1日発売)

本レポートは、いま問題となっているマイナス金利政策に関して、茶野ゼミの岩井優貴さん、田村大典さん、細田直生さんたちがゼミ大会で発表した研究をもとに、筆者である茶野努教授が加筆・修正したものです。ぜひ、ご一読ください。

■掲載誌:
 『月刊金融ジャーナル2017年4月号』(金融ジャーナル社発行)
 【トピック】マイナス金利が生保に与えた影響・・・P82

→ 月刊金融ジャーナル

*ゼミ大会[ゼミ対抗研究発表大会]:経済学部に所属するゼミが「経済」「経営」「金融」などのブロックに分かれ、優勝を目指してプレゼンテーションを繰り広げる大会

to-top