トップ
武蔵の学び

ニュース一覧4月17日は開学記念日です

2017.4.17

武蔵大学

武蔵学園

PickUp

お知らせ

お知らせ

4月17日は開学記念日です

本日、4月17日は開学記念日です。今日からさかのぼること95年、1922年4月17日(月)に旧制武蔵高等学校の第一回入学式が行われました。
本学の建学の精神ともいうべき「三理想」は、この入学式に先立つ教師会において、一木校長が「正義ヲ重ンジ真理ヲ愛シ、自ラ理解考究スル能力ヲ有シ、世界ニ活動スル体力ヲ有ス」と訓示されたものを原型とし、1928年に現在の形となったものです。以来、この精神は、武蔵大学、武蔵高等学校中学校からなる今日の学園にも絶えることなく受け継がれています (武蔵九十年のあゆみより)。

改めて、創立者 根津嘉一郎と本学の歴史を振り返ってみたいと思います。

■創立者 根津嘉一郎と本学の歴史
明治、大正、昭和にわたり財界で活躍した根津嘉一郎(初代、1860~1940)は、東武鉄道や東京地下鉄道(現東京メトロ)など日本国内の多くの鉄道敷設や再建事業に携わり、「鉄道王」と呼ばれました。また、加富登麦酒(カブトビール。現アサヒビール、サッポロビール)や日清製粉などの社長を歴任。1909年には渋沢栄一率いる渡米実業団へ参加し、私財を投じて公共事業に尽力しているロックフェラーの姿に強く感銘を受けました。根津は「国家の繁栄は育英の道に淵源する」という信念のもと、有為の人材を育成する理想的な学校として1922年に“武蔵大学”の前身となるわが国初の七年制高等学校、旧制武蔵高等学校を創設。戦後の学制改革に伴い、武蔵高等学校中学校、武蔵大学として再編されました。

創立から90年以上を経た今日、武蔵大学は3学部8学科、大学院2研究科の文系総合大学へと発展しました。そして、すべての学生が多文化共生や他者理解の視点を持ち、国際化する社会で活躍するために「建学の三理想」のもと、独自のグローバル教育を展開していきまます。

→経済学部「ロンドン大学と武蔵大学とのパラレル・ディグリー・プログラム」(PDP)
→人文学部「グローバル・スタディーズコース」(GSC)
→社会学部「グローバル・データサイエンスコース」(GDS)
to-top