トップ
武蔵の学び

トップ 武蔵の学び 学びの特色テンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)との提携

テンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)との単位互換プログラム

アメリカの大学ならではの授業を体感できる

このプログラムは2009年に締結された武蔵学園とテンプル大学ジャパンキャンパス(Temple University,Japan Campus=TUJ)との教育・学術上の連携に関する基本協定に基づき、相互交流・教育連携を推進することを目的として2013年より開始しました。TUJは学生の約6割が米国を中心とする外国籍であり、使用言語も英語という日本国内にあって大変国際的な環境です。本プログラムでは、武蔵大学で学びながら科目等履修生としてTUJの科目を履修するか、留学生として1学期以上1年以内の間、TUJの科目のみを履修するかを選択することができます。授業はすべて英語で行われているため、日本にいながら海外留学に近い経験ができます。なお、プログラムに参加するための追加の授業料は不要です。
■武蔵大生がTUJで履修する授業期間および募集日程

2017TUJ

テンプル大学ジャパンキャンパスとは?

テンプル大学ジャパンキャンパスとは?

テンプル大学は、米国ペンシルべニア州立の総合大学です。フィラディルフィア本校に加え、東京、ローマにキャンパスがあり、日本校(TUJ)は、2005年に文部科学省から「外国大学の日本校」として認定されました。すべての授業が英語で行われるため、日本にいながら、海外留学に近い経験を得ることが可能です。

English Summer School ~アメリカの大学授業体験プログラム~

夏季休暇中の5日間を利用して、武蔵大学のキャンパスでTUJの授業を体験するプログラムです。授業はTUJの外国人講師により、日本人学生向けにわかりやすい英語で行われます。TUJの外国人学生もアシスタントとして参加する充実した学習環境のなかで、経験豊かな講師や同世代のTUJ学生と交流を深めることができます。留学を考えている学生や実践的な英語力を伸ばしたい学生に最適なプログラムとして、毎年好評を得ています。また、このプログラムは単位修得も可能です。単位認定は在学中1回のみですが、連続受講も歓迎しています。

アメリカの大学授業体験プログラム

図書館の相互利用

テンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)図書館と武蔵大学図書館との協定に基づき、両大学所属の学生は相互に大学図書館を利用することができます。TUJ図書館では5万冊以上の図書と700タイトルにのぼる雑誌を所蔵しており、そのほとんどが英語の文献です。アジア研究及び英語教育関係の資料が充実しています。

先輩メッセージ

TUJ_学生2017

外国人学生や帰国子女など、
英語に堪能な人と学び、
成長できた
人文学部 ヨーロッパ文化学科 2016年3月卒業
東京都・都立豊島高等学校出身
TUJの科目を履修した友人に、1 科目だけでも大変だったと聞き、楽ではないと覚悟していました。一方で、在学中にイギリスのケント大学へ協定留学し、語学には自信を持っていたので、何とかなるという甘い考えもありました。私はTUJで社会学の授業を履修しましたが、とにかく読み込む資料の量が多く、すべて英語で書かれているため理解するのは容易ではありませんでした。時間切れで、十分に理解できていないまま授業に出席したこともあります。履修学生の多くはテンプル大学の外国人学生で、日本人の学生も帰国子女など英語に堪能な人ばかり。そんななかで2週間に1回の課題提出をはじめ、プレゼンテーション、ディスカッションも定期的に行われ、確かに1科目だけでも苦労しました。私がTUJの授業を履修したのは4年次。武蔵大学では卒業論文ゼミナールのみの履修でしたが、それでも両立が難しいと思えるほど。ただ、大変だった分だけ、自分の意見を英語で伝える力が確実に身についたと思います。この2つの大学と武蔵大学での経験から身につけた力を、社会で発揮していきたいです。

留学制度についてはこちら

to-top