トップ
武蔵の学び

トップ 武蔵の学び 学びの特色学部・学科一覧

学部・学科一覧

自分で学びたい内容を選ぶことが、大学での学びの第一歩になります。その入り口が学部や学科、コースといった分類です。
武蔵大学では学生一人ひとりの興味に応じた、さまざまな学科・コースを用意しています。

経済学部

教員紹介

学部紹介

学科コースコースの特長
経済学科

経済の仕組みを理解し、グローバルに関連する経済の動きとその変化が、私たちの生活におよぼす影響を自分なりに考え、予測する力を養います。政府によるさまざまな政策とその意図、世界各国や日本経済の特質、日本の世界経済へのかかわり方など、多様な視点から激動する経済を分析していきます。
国際経済・経営コース多国籍企業や国際金融の理論と実際、世界各地域の経済事情などを総合的に学びます。ビジネスに必要な英語力の養成や、留学に向けた経済英語や留学準備講座が用意されているほか、協定留学生向けの英語のみで行われる授業(EAS*科目)も履修できます。
*EAS(East Asian Studies)についてはこちらから。
経済学と現代経済コース人々の暮らしに大きく影響している経済の仕組みを理論や歴史から学ぶとともに、経済分析の手法を身につけ、環境や福祉など日本が抱える課題の解決方法を考えます。国の経済全体を扱うマクロ経済学と、家計や企業の経済活動を分析するミクロ経済学を応用して、より専門的に学んでいきます。
経営学科

経営学科は、経済の中心を担う企業の活動を学ぶことで、社会に求められる幅広い能力を身につけ、ビジネスの現場で活躍できる人材を育成します。新製品開発やマーケティング、組織・人事管理、会計や法律の知識、起業や情報技術の活用など、現実に即した科目構成でさまざまな経営課題を解決するための実践力を高めます。
ビジネスコース経営管理、経営戦略など基本的な科目から、人事、組織、マーケティング、イノベーション、国際経営など専門分野の科目まで、企業経営について総合的に学びます。
ビジネスデザインコース情報技術を生かして新しいビジネスを立ち上げたり、企業内で新規プロジェクトを始めたりするために必要な実践力を身につけます。「ベンチャー企業論」「サービスマネジメント」などがコース必修科目となっています。
企業会計コース会計の基本的な仕組みから、隣接する分野(経済学、法律、ファイナンスなど)と交わる応用論点まで、積み上げ方式でじっくり学び、応用力を身につけます。
金融学科

経済のグローバル化は、金融の世界にも急激な変化を巻き起こしました。今後、金融業界をはじめ広く実業界での活躍をめざすには、金融に関する専門的な知識と、即戦力として役立つ実務的知識が不可欠です。金融学科では金融の視点から経済の基礎を学ぶとともに、実践的なファイナンス理論や金融制度などを深く学びます。
金融コース豊かな生活や健全な企業経営を実現するには、お金(金融)に関する知識が不可欠です。お金の視点から家計や企業活動を総合的に管理・運営する方法を学びます。
証券アナリストコース証券アナリストの資格取得をめざすコースです。科目には検定試験の対策講座も含まれ、卒業までに第1次レベル試験(3科目)に合格することを目標とします。

人文学部

教員紹介

学部紹介

学科コースコースの特長
英語英米文化学科

実践的な英語力の習得に力を入れ、少人数学習を導入しています。英米をはじめ、英語圏の文化や歴史を幅広く学ぶことで、グローバル社会におけるコミュニケーションの質を高めていくことができます。
言語・言語教育コース
 
英語をはじめとする外国語を、言語学や言語教育の見地から学びます。言語の諸相、異文化間コミュニケーション、第二言語習得、言語教育など、研究対象はさまざまです。
文学・芸術コースアメリカ・イギリスをはじめとする英語圏の文学と芸術について学びます。具体的な作品にふれ、理解を深めていきます。
歴史・社会・文化コースアメリカ・イギリスをはじめとする英語圏の国々の歴史、社会、思想、宗教、文化について学びます。
グローバル・スタディーズコース(GSC)[英語プログラム]高度な英語力と「グローバル・スタディーズ」の基礎を身につけ、充実した留学を行い、帰国後はプロジェクト形式のゼミによって、グローバル世界への自らの視点を4年間の学修成果としてまとめます。
*GSCについてはこちらから。
ヨーロッパ文化学科

フランスやドイツを中心に、広くヨーロッパ世界の文化と現象を、EU統合のような近年の動向も視野に入れながら学びます。語学の学習はもちろん、文学・歴史・思想・芸術・生活文化など多彩な授業が充実しています。現地実習や留学を生かし、国際人となる素養を磨きましょう。
言語と文学コースギリシア・ラテン語学、フランス語学、ドイツ語学からヨーロッパ各地の伝統的文学、現代文学、日欧比較文学まで多彩な学びが可能です。
芸術と生活コース
 
ヨーロッパの古い名画や美しい建築物、音楽、音響、映画、モダン・アートなどが研究対象。ヨーロッパの“日常”と生活文化に注目する授業もあります。
歴史と思想コース古代から中世、近現代の歴史を学びます。神話や伝説、思想・宗教(キリスト教)に注目した学びもできます。
環境と社会コースヨーロッパ社会全体にかかわる問題や、北欧・地中海などの地域研究、自然環境と文化のかかわりを考える授業もあります。
グローバル・スタディーズコース(GSC)[ドイツ語プログラム、フランス語プログラム、英語プログラム]ドイツ語/フランス語プログラムは、学科のカリキュラムにしたがって学びながら、高度なドイツ語力/フランス語力の習得をめざす、留学支援プログラムです。英語プログラムは独自のカリキュラムで学びます。
*GSCについてはこちらから。
日本・東アジア文化学科

語学力・技能を身につける科目群とともに、日本文化および日本と関係の深い東アジア諸国の文化を、歴史や思想、芸術、文学などさまざまな分野から多角的に学ぶ授業を展開しています。また、日本文化を幅広く学ぼうと考える外国人留学生にも門戸を開いています。
日本文化コース言語と文学、歴史と民俗、芸能や生活文化、思想など、日本文化の特質を体系的に明らかにしていきます。資料をじっくり読み、フィールドワークを行うなど、研究のためのスキルを身につけながら、日本文化の独自性を深く総合的に探究します。
東アジア文化コース日本と関係の深い中国や台湾、韓国(朝鮮)、沖縄(琉球)など、東アジアの諸地域の文化を歴史や思想から現代の状況に至るまで多面的に学びます。中国、台湾、韓国への留学も奨励しています。
比較・交流文化コース地域を越えた視点から文化を比較し、その交流について学びます。文学や芸術、民俗、思想はもちろん、スポーツ、環境などのさまざまな分野から、日本と東アジアの文化が持つ多様性を理解します。
グローバル・スタディーズコース(GSC)[中国語プログラム、韓国・朝鮮語プログラム、英語プログラム]中国語/韓国・朝鮮語プログラムは、学科のカリキュラムにしたがって学びながら、高度な中国語力/韓国・朝鮮語力の習得をめざす、留学支援プログラムです。英語プログラムは独自のカリキュラムで学びます。
*GSCについてはこちらから。

社会学部

教員紹介

学部紹介

学科コースコースの特長
社会学科

社会学科は、社会学の基礎的な理論とデータの収集法や分析法を学ぶとともに、幅広く用意された社会学のジャンルから、問題意識や関心に応じて科目選択ができる自由度の高さが特長です。物事を多角的にとらえる視野・思考を育て、世の中に対して何となく不思議に感じていることを解き明かし、論理的な言葉や文章にする力を磨いていきましょう。4年次にはその総合的な成果として卒業論文を完成させます。

社会問題とエンパワーメントコース

現代的な社会問題を理論的・具体的に学びます。社会問題にどのように対処し、そのためにどのような実践やエンパワーメントが可能であるのかということを考え、社会問題を幅広く考察します。

国際社会とネットワークコース

グローバル社会においてますます複雑さを増し、重要になってきているネットワークに着目します。また、こうした視点から、身近な人々のつながりから国際社会まで、多様な制度や社会関係の現状や課題、変動などについて学びます。

文化とアイデンティティコース

文化やアイデンティティをめぐる諸問題について学びます。ポピュラーカルチャーからハイカルチャーまでのさまざまな文化と、日常的な実践を通してつくり出されるアイデンティティの仕組みについて探っていきます。
グローバル・データサイエンス(GDS)コース GDSコースでは、通常の社会学科の学びに加えて「海外での英語集中トレーニング」「留学をはじめとする学外でのさまざまな体験」「情報を自由に操るデータ分析手法の修得」を行います。混沌とした未来を自らのコミュニケーション力とデータ分析力で切り開いていく人物になることをめざします。GDSコース在籍者は学科の垣根を越えて、メディア社会学科のゼミも選択できます。
*GDSについてはこちらから。
メディア社会学科

インターネットなど、個人が世界に向けて発言できるツールを手に入れた今、社会のあらゆる場面でメディアを読み解く力と、メディアを活用して情報を発信する力が求められています。メディア社会学科では、こうした時代にメディアが伝えるべき内容とその方法について学び、現代社会が抱える問題について考え、メディアを活用する力を育てていきます。
メディアコミュニケーションコース情報社会におけるマスメディアの位置づけを再確認し、現代のメディアをとりまく状況を理論的かつ実践的に学びます。放送・活字メディアや音楽や映画などのコンテンツ文化について、社会的・心理的側面から考察します。
パブリックコミュニケーションコース公共的なコミュニケーション能力を高め、メディアリテラシーを身につけて、日常的な人間関係の構築、広告や広報のあり方、電子コミュニケーション、NPO・NGOの活動など、さまざまな社会的課題に取り組みます。
メディアプロデュースコースメディアの特性と社会の構造を理解し、独創的かつ有意義な情報を発信する表現方法を学びます。映像、出版、Web、市民・地域の放送やイベントなど、さまざまなメディアを活用し企画制作する能力を追究します。
グローバル・データサイエンス(GDS)コース GDSコースでは、通常のメディア社会学科の学びに加えて「海外での英語集中トレーニング」「留学をはじめとする学外でのさまざまな体験」「情報を自由に操るデータ分析手法の修得」を行います。混沌とした未来を自らのコミュニケーション力とデータ分析力で切り開いていく人物になることをめざします。GDSコース在籍者は学科の垣根を越えて、社会学科のゼミも選択できます。
*GDSについてはこちらから。
to-top