トップ
武蔵の学び

トップ 武蔵の学び 学びの特色ダブルディグリーとの違いとは

ダブルディグリーとは?パラレルディグリーとは?

パラレル・ディグリーって何?ダブル・ディグリーとの違い

「ダブルディグリー」と「パラレルディグリー」は、海外大学と日本で所属している大学の2つの学位が取得できるという点では、同様です。大きな違いは、留学を必須とするかどうかです。本学が経済学部で実施している【ロンドン大学とのパラレル・ディグリー・プログラム】は、留学せずに本学(東京)で4年間、ロンドン大学の科目を学び、試験を受けることで、2つの大学の学位が取得できます。

「パラレルディグリー」のメリットとしては、留学がないので「ダブルディグリー」より費用を抑えられることです。さらに、ロンドン大学のプログラムは180カ国以上において5万人を超える人が学ぶ評判の高いプログラムです。このプログラムを一貫して4年間履修できる点もメリットです。*

*授業は、ロンドン大学に指導を受けた本学の教員が担当し、英語で授業を行います

パラレル・ディグリー・プログラムダブル・ディグリー・プログラム
留学
  • 留学する必要はなし。
  • 留学を希望する場合は、ロンドン大学の同じプログラムを実施しているシンガポールのSIM(Singapore Institute of Management)に留学する機会がある(但し、選考過程を経る必要がある)。
  • 1年~2年程度留学する必要あり。
  • 留学費用がかかる。
授業料
  • 武蔵大学とロンドン大学に支払う。
  • ロンドン大学の学費は4年間で100万円程度(但し奨学金制度あり)。
  • 日本の在籍大学の授業料のみでよいケースが多い。
履修科目
  • 1年間で4科目×4年間=16科目はロンドン大学の科目。
  • 授業は武蔵大学の教員(外国籍含む)が実施。
  • 留学期間中に履修した科目が海外の科目。
成績評価
  • 上記16科目はLSEが試験を作成し、成績を付ける。
  • ロンドン大学の科目試験は日本のBritish Councilで行う。
  • 留学中の科目は留学先が評価する。

 

パラレル・ディグリーとダブル・ディグリーの学位取得までの流れを比較

ダブルディグリーとパラレルディグリーの学位が取れるまでの流れ

to-top