トップ
武蔵の学び

トップ 武蔵の学び 教職課程キャンパス・ライフ

キャンパス・ライフ

4年間の流れ

img01

経済学部 経済学科卒
埼玉県 本庄第一高等学校出身

【取得免許状】
中学校教諭第1種免許状(社会)
高等学校教諭第1種免許状(地理歴史、公民)

1年次

何事も「初めて」は大変です
長い通学時間や90分授業、部活動とアルバイトの両立など、生活リズムの変化に、最初は苦労しました。しかし、1つ1つ計画的にこなしていくことで中途半端な結果にならず、時間の作り方もうまくなりました。

また、学科、教職課程、部活動と3つの分野で、それぞれ目標を見失わずひたむきに頑張る仲間がいました。仲間の存在が私を大きく変えたと言っても過言ではありません。こうした1年次での経験が、私の成長に大きく影響したのだと思います。

何事も「初めて」は大変です

2年次

「教えられる立場」から「教える立場」への変化がありました
2年次から模擬授業が始まり、初めて教壇に立ちました。単元ごとのポイントの見きわめのほか、授業中の板書、教材を提示するタイミング、自身の立ち位置などすべてにおいて形にならず、不安を覚えることも多かったです。
しかし、模擬授業ごとに丹念に授業を検討し合い、そのフィードバックをもとに次の模擬授業では前回を越える授業をすることができました。

仲間の模擬授業を見学したり、中学校や高校の現職の先生からの助言を通して、教育活動について考える機会が増えたほか、自身が生徒の頃には見えなかったことが見えてくるようになり、教員への夢が大きく膨らみました。

3年次

幅広い交流や経験によって、視野が広がりました
3年次では、今までの自分の枠を越える活動をたくさん経験しました。中学校教員免許に必要な介護等体験、大学見学に来て下さった高校生に構内を案内するボランティア活動、教職課程に興味のある新入生に対する講演、学内運動競技大会への参加などです。

これらの活動で多くの人々と交流することができたため、考え方やとらえ方の多様性に気づき、私自身さまざまな方向から物事を見ることができるようになりました。人とのつながりが増えることで学びも自然と増え、新たな自分を発見することができたのは大きな収穫だったと思います。授業や部活動では一番忙しく、厳しい年でしたが、これまでの経験と多くの仲間に支えられ、最も成長を実感した年になりました。

4年次

これまでの学びの成果が、今後の自信になりました
4年次は大学生活の集大成が求められます。私は引き続きさまざまな学びを模索し、チャレンジすることが多い年でした。教育実習をはじめとする様々な活動に取り組む中で、相手の個性やその場の状況、場面もふまえ、どう接し、いかに対応していくのかなど、人との関わり方は答えが1つではないことを改めて実感し、悩むことも多かったです。しかし、だからこそやり甲斐を感じる1年でした。

私は、今後の学びにつながる重要な引き出しをこの4年間で得ることができたと思います。社会に出ると今まで以上に困難が増え、課せられる責任も重くなると思いますが、教職課程での経験を活かし、試行錯誤しながら、どんなことにも自信と責任をもって夢を追い続けたいです。

1日の流れ

img02

社会学部 メディア社会学科
福島県立橘高等学校出身

【取得予定免許状】
中学校教諭第1種免許状(社会)
高等学校教諭第1種免許状(地理歴史、公民)
私の2年次後期の時間割

時間割例


7時


起床

9時

1限 授業「生徒指導の理論と方法」
教師の仕事は教科の指導だけでなく生徒指導も含まれるため、生徒指導の方法や考え方を学びます。

1限 授業「生徒指導の理論と方法」


10時40分

2限 授業「スポーツ実践(バレーボール)」
実際に身体を動かして授業を受けます。スポーツ実践の授業には、バレーボールのほかにも、フットサルやバスケットボール、バドミントン、ウォーキングなどがあります。

12時10分

昼休み
江古田には飲食店が多いので、よく大学の外に食べに行きます。大学生協の購買部で買うこともあります。

13時

3限 授業「ビジュアル・アート論」
メディア社会学科の授業です。映画草創期の作品やさまざまなアニメーションを観ながら、映像表現を学びます。

15時

部活動(軟式野球部)
月、水、金の週3回、武蔵大学の朝霞グラウンドや練馬区のグラウンドで練習しています。

部活動(軟式野球部)


夜・休日

バイト
シフト制の飲食店で週2回ほどしています。他にも、日曜日にはブライダル関係のアルバイトもしています。
部活動のほかにも、大学の社会実践プロジェクトの1つである武蔵テレビ(MTV)で活動していました。

お問い合わせ先
武蔵大学 教職課程
〒176-8534 東京都練馬区豊玉上1-26-1 武蔵大学8号館4F
開室時間 平日9:00~16:40
TEL:03-5984-3729

お問い合わせ

to-top