トップ
武蔵の学び

トップ 武蔵の学び 基礎教育センター 授業紹介 生物学ラボワーク大学構内の自然を調べる

生物学ラボワーク

大学構内の自然を調べる

武蔵大学がある「江古田校地に生えている木は180種あまり、そのうち約70種は高木です。高木の数は約900本で、低木は数えられていませんが数千株あるでしょう」(パンフレット「武蔵学園の樹木について」から引用)

沢山の種類の木々一つ一つが、それぞれ違う生き方をしています。その違いを比較すれば、色んなことが分かってきます。多種類の生物の多様性そのものと多種類の植物の共存のあり方を知ることは、現代の地球人の生き方にも、何かのヒントをもたらすでしょう。

在学生の皆さん!ケヤキが実をつける年と実を付けない年では、落ち葉の大きさが違っているのに気が付いたことはありますか?結実年には葉は小さく、小枝ごと落ちて種子が風に散布されていきます。実をつけず成長する非結実年には、葉は大きく、成長と蓄積の年に対応しているのです。

1号館建設のため切られてしまったケヤキの年輪幅の変化を調べてみました。明瞭な周期があるわけではありませんが、数年から5年おきに非常に年輪幅が狭い年があります。きっとこの年は、種子が大量に実ったのでしょう。

こんな風に、生き物を調べるにも時間のなかで考えれば、生き物の進化の秘密の一端に触れることができます。それぞれの学生が、卒業まで4年間、自分の樹をみつけ見守ってくれることを願っています。

今東京には、スカイツリーというシンボルが完成しました。(高さは634メートル=むさしメートルかな?)武蔵のシンボルツリーは3号館中庭のケヤキです。これからも大切に見守ってください。

生物学ラボワーク01

武蔵の大ケヤキ、3号館中庭でケヤキから降ってきた雄花の数を推定するための資料を採集中

生物学ラボワーク02

同じ大ケヤキとは思えないくらい、結実年の落葉と実を付けない年のケヤキの若葉

生物学ラボワーク03

1号館建設のため伐採されたケヤキの年輪解析用の写真。年輪数は90本足らずあり、学園建設の当初に植えられた木であることが判明
to-top