トップ
武蔵の学び

トップ 武蔵の学び 基礎教育センター 授業紹介 武蔵環境フィールドワーク2012年

武蔵環境フィールドワーク

武蔵環境フィールドワーク 2012年

この科目は生物、科学、物理の3教員によるリレー講義です。生物分野の課題では、武蔵学園ができた90年前の環境を復元しました。旧制武蔵高等学校を創設するため、敷地を購入した記録を武蔵学園記念室の方々に教えていただきました。そのリストには、地目といいますが、それぞれの土地利用に対応した、田、畑、屋敷、林などが分類され、旧墓地という記載もあります。

それぞれの土地には地番が振られていて、面積も記されています。その上、それらの土地の地籍図もありました。その地籍地図に土地利用を色分けすることで、学園ができる前のこの江古田の風景を復元することができました。昭和初期の写真にある風景をもっと詳細に知ることができました。

10月には学校山林に間伐体験にもでかけました。その様子は、学校山林のページでみることができます。学園の生物多様性や関東平野や東京の地形について学んだ後、改めて自らが通う学園の歴史を知ることの大切さを学ぶことができました。まとめとして、武蔵の大講堂の二階にある学園記念室を訪問しました。幸いにも、記念室の方々から、解説をお話しいただいてから見学しましたので「歴史の中に生きる」今を考える手がかりを得ることができました。

2012武蔵環境フィールドワーク01

壁面の展示に見入る学生に窓から伝統の光が当たっているかのようだ

2012武蔵環境フィールドワーク02

昭和時代の建物配置模型を見ながら変遷を知る

2012武蔵環境フィールドワーク03

武蔵大学の歴史をのぞきこむ履修生たち

2012武蔵環境フィールドワーク04

旧制武蔵の時代を知る記念室のお二人からエピソードを交えて解説していただいた
to-top