トップ
武蔵の学び

トップ 武蔵の学び 人文学部人文学部の教育方針

人文学部の教育方針

人文学部は、広く深い教養及び言語・文学・歴史・民俗・思想・芸術等の各分野における高度な専門的知識を備えた人材を育てている。入学時に始まるゼミナール(演習)の学びと最終段階における卒業論文執筆のための対話型の指導によって、論理的な思考力、洞察力、表現力、構想力を培い、世界の諸文化の間に存在する差異を認識して他者を尊重する精神を養い、かつ自立を重んじて主体的に行動する姿勢を身につけさせている。また、地球市民としての想像力を豊かにもち、高い言語能力と国際感覚をもって各種の課題解決に取り組む人材の養成を目ざしている。

(1) 英語英米文化学科 
英語英米文化学科においては、グローバル化の進展のなかで国際語として役割をますます強めている英語に熟達し、かつ英語圏の文化現象について専門的に学び、その知識と力を現実社会の営みや職業生活に生かすことのできる人材を養成している。本学科の教育目標は、高度な英語の運用能力、学校等の公共機関や民間の団体において英語教育に自ら携わる力、英語圏の文化と社会についての豊かな知識、さらに加えて自国の文化と英語圏の文化を比較する目を養うことであり、また異文化間の平和的な共存に貢献しうる有為の人材を育成することである。

(2) ヨーロッパ文化学科
ヨーロッパ文化学科においては、EUの拡大と統合の進展という大きな変化のなかにある欧州の姿を巨視的にとらえ、同時に、豊かな文化をもつ個別の地域に注目する教育を行っている。本学科がとくに重視しているのは、ドイツ語やフランス語の習得に力を入れるなかで文化と言語の多元性を深く認識し、複眼的な文化理解をもって国際的交流に貢献しうる人材、外国語や歴史や地理を教える力のある人材、日常生活と勤労の場で文化的知識を応用し、社会のあり方や人間集団の営為に豊かさを与える知恵のある人材の養成である。

(3) 日本・東アジア文化学科
日本・東アジア文化学科においては、第1に日本の文化を深く学び、その保存、継承、新たな発展に寄与しうる人材を育てている。そして東アジア世界における自文化と異文化を複眼的にとらえ、それぞれの個性を理解、尊重し、身近な場所で交流を試みるための教育を行っている。そのため中国語と韓国語の学習が奨励されている。本学科が具体的に企図しているのは、日本語を教える人、日本と東アジアの歴史や地理を教える人、文化財を守る人、日本に関する情報を国際的に発信する人、日本と東アジアの文化交流を職業や地域社会の営為に生かせる人の養成である。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

人文学部(英語英米文化学科、ヨーロッパ文化学科、日本・東アジア文化学科)は、以下の目標を達成し、卒業必要単位124単位を修得した学生に学士(人文学)の学位を授与している。
(1)3学科が共有している全学共通の総合科目を通じて、グローバルな視野とバランスのとれた教養を身につけること。各種の情報の収集と処理の能力を身につけること。
(2)3学科がそれぞれ定めている外国語(必修英語及び選択外国語)を学び、外国語によるコミュニケーション力と、情報の収集・発信を行う運用力を身につけること。
(3-1)3学科がそれぞれ言語・文学・歴史・民俗・思想・芸術・社会等の分野に分けて1年次からゼミナール(演習)と講義を軸に編成している教育課程を通じて、自ら調べ自ら考える基礎力を築き、その上で高度な専門的知識と課題解決能力を身につけること。
(3-2)各人の関心に従って2年次以降のコースの履修モデルを参照しつつ、必修科目、選択科目を履修し、学科の掲げる専門的な教育目標を達成し、同時に共通専門科目や参加型少人数授業等を通して知識や行動の幅を広げること。もって豊かな国際感覚を身につけ、様々な異文化との交流を楽しみ、グローバル化する現代社会の諸問題を多角的に捉え、柔軟に対応する力を身につけること。
(3-3)専門ゼミナール(演習)と卒業論文を通じて、自発的な調査能力、データを整理・分析する力、総合する力、文章構成力、口頭による説明能力と現代的ツールを用いた情報伝達能力、意見交換(対話)を多角的に行って自説の客観性を高める力を身につけ、これを社会生活・職業生活にも応用しうる力を身につけること。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

人文学部の教育課程は、総合科目(大学共通)、外国語科目、専門科目を通じてグローバルな視野、全人的教養、コミュニケーション力、専門的知識、実践力、課題解決能力を身につけることができるように編成されており、以下のようにカリキュラム・ポリシーを定めている。
まず3学科共通の方針を示せば、次の通りである。
総合科目は「情報とコミュニケーション」「歴史と文化」「現代社会」「自然と環境」「心と体」「ライフマネジメントとキャリアデザイン」の各分野からなり、専門科目だけでは得られない総合的視野と教養を身につけるために1年次から卒業までに修得すべき単位を分野別に定めている。
共通専門科目は専攻分野やコース所属の枠組みを超えて多様な専門領域に接することで、多元的な学びを可能にするとともに、3学科の学生が同じ授業を履修することで人文学部としての一体性と協調性を推進している。学生個人の英語力や留学・検定試験など各自の学習目的に応じた個別指導のコーチング・プログラムにも、3学科の学生が参加している。
教職課程科目を専門科目のなかに組み込み、教員免許状の取得を推進している。学芸員課程科目も専門教育と結びついている。
少人数のゼミナールを1年次から必修にし、指導授業による緊密な履修指導、大学生活指導と結びつけている。初年次には各学科で専攻する地域の文化について学ぶための基礎的な技術・方法(資料の探し方・読み方、クラスでの発表・議論の方法、論文の書き方等)を習得する必修の「基礎ゼミナール」を設けている。4年次に卒業論文を履修するために必要な単位修得条件を設定し、積み上げ式の学修が成り立つようにしている。
4年次に卒業論文(英語英米文化学科は卒業論文もしくは英文エッセイ)を必修とし、それまでの学業の集大成と位置づけている。そのために4年次のみならず3年次にも論文指導専用のゼミナールを設け、学生の幅広い関心を論文のテーマに深めて完成させていく態勢を整えている。

(1) 英語英米文化学科
外国語科目のうちの英語は、実践的な言語運用能力習得のために、また専門教育の土台とするために1年次から2年次にかけて必修外国語として、3年次以降は実習等の選択科目として、体系的に展開されている。英語圏の大学への留学の奨励・契機となるように1、2年次生に学内TOEFL試験を実施し、その対策も英語授業で行っている。複眼的な視野を養うために、ドイツ語・フランス語・スペイン語を1、2年次の選択外国語として課している。
専門科目では、1年次に「基礎ゼミナール」に加えて、スピーキングとライティング両方のコミュニケーションのための実習も開始できるようにしている。その基礎の上に、より高次の専門科目が①言語、②文化・芸術、③思想・歴史・社会、④比較・交流文化の4分野にわたって講義とゼミナールに分けて展開され、講義で学んだ知識を2年次以降のゼミナールで主体的に調べ報告し身につけるようになっている。卒業条件は3つのコース(英米・英語圏文化、英語コミュニケーション、比較・交流文化)に分けて定めることで専門化を進めながら、いずれのコースにおいても発信型の英語運用能力を伸ばす教育課程を編成している。

(2) ヨーロッパ文化学科
外国語科目では、ドイツ語・フランス語のいずれかを1・2年次に体系的に学習し、専門教育に備えさせるとともに、実践的な言語運用能力の習得のために英語を1年次に必修とし、また複眼的な視野を育成するため2年次には英語・ドイツ語・フランス語・イタリア語のうちから、専攻するドイツ語かフランス語以外の言語を、1つ選択させている。
専門科目では、1年次に「基礎ゼミナール」に加えて、複数の教員によるリレー講義形式で、ヨーロッパ文化に関する基礎的知識を多角的に習得できるようにしている。2年次には2つの「中級ゼミナール」で、ドイツ語やフランス語を専門的な研究に活用する能力と、ヨーロッパ文化の研究に必要な発展的な知識、調査・分析能力等を伸ばすようにしている。さらに2年次以降にドイツ語やフランス語の会話、読解、論述の力を伸ばす実習を置いている。より高次の専門科目は、①言語と文学、②芸術と生活、③歴史と思想、④現代社会・地域研究、⑤比較と交流の5分野にわたって講義とゼミナールに分けて展開され、講義で学んだ知識を3年次のゼミナールで主体的に調べ報告し身につけるようになっている。

(3) 日本・東アジア文化学科
外国語科目のうちの英語は、実践的な言語運用能力の習得のために、1年次に必修としている。さらに複眼的な視野を育成するために、1年次に中国語・韓国朝鮮語・ドイツ語・フランス語・日本語(外国人学生特別入試入学者のみ)のなかから1つを選択させ、また2年次には英語・中国語・韓国朝鮮語・ドイツ語・フランス語・日本語(外国人学生特別入試入学者のみ)のなかから1つを選択させている。さらに現地での語学実習等も含んだ英語・中国語・韓国朝鮮語・ドイツ語・フランス語・イタリア語・スペイン語・ロシア語・日本語(外国人学生特別入試入学者のみ)のなかから自由選択することも課している。
専門科目については、1年次に「基礎ゼミナール」に加えて、専任教員全員による必修のリレー講義形式で、日本と東アジアの文化に関する基礎的な諸問題、多様な研究方法を紹介している。
選択の専攻専門科目としては、「専門スキル科目」を置き、専攻の基礎となるスキルの習得や語学の熟達を促している。より高次の専門科目は、①ことば・文学・思想、②芸術・身体・環境、③歴史・民俗・宗教の3分野にわたって講義と2年次以降のゼミナールに分けて展開している。講義科目とゼミナール科目が一対となっており、講義で習得された知識が演習を通じて理解し、体得されるカリキュラム構成になっている。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

人文学部全体及び入学希望学科の人材養成の目的と教育内容をよく理解し、これを学ぼうとする意欲と、そのために必要な日本語・英語(外国語)、その他の教科の基礎学力を身につけていることが入学者受け入れの基本的条件である。人文学部は、世界の様々な文化を国際的視野と複眼的な視点をもって研究する学部である。文化はそれぞれの地域の風土や歴史に根ざし、言語によって支えられているから、対象地域の言語を積極的に学び、留学や海外研修によって異文化環境のなかで行動する力を身につけ、将来、グローバルな活躍を志す人、日常生活や職業生活において国際交流の担い手になりたい人、文化的知識を社会生活に役立てたい人を求めている。なお人文学部の教育は、1年次の基礎ゼミナールから4年次の卒業論文指導まで、ゼミナール(演習)と対話型の指導を中心としており、学生が自ら主体的に知の世界を切り開くことを前提としているから、研究の課題を自ら発見し、他の人と議論しながら深めることを好む知的探究心に満ちた人を歓迎する。

(1) 英語英米文化学科
勉学に取り組む真剣な態度としっかりした基礎的学力を備え、イギリス・アメリカを始めとする英語圏の①言語、②文学・芸術、③思想・歴史・社会、④比較・交流文化等の分野に関心がある人を広く受け入れる。英語の学習に意欲があり、国際的なコミュニケーション力を身につけたいと願う人が望ましい。英語英米文化学科には多様な入学者選抜の方式があるが、すべてこの基本方針に沿っている。なおAO入試では、英語力と大学の授業内容を理解する確実な力、ないし国際的な場で活躍しようとする意欲が重視される。

(2) ヨーロッパ文化学科
真剣に勉学に取り組む姿勢と基礎的な学力を備え、ヨーロッパ世界の①言語と文学、②芸術と生活、③歴史と思想、④現代社会・地域研究、⑤比較と交流等の分野に関心がある人を広く受け入れる。英語だけでなくドイツ語やフランス語の学習に意欲があり、国際的な対話能力を身につけたいと願う人が望ましい。ヨーロッパ文化学科には多様な入学者選抜の方式があるが、すべてこの基本方針に沿っている。なおAO入試では、特定の課題について調べ発表する力、ないし高い外国語能力と国際的な場で活躍しようとする意欲が重視される。

(3) 日本・東アジア文化学科
基礎的な学力と学習意欲をもち、①ことば・文学・思想、②芸術・身体・環境、③歴史・民俗・宗教等の分野に関心があり、日本文化を深く学びたいと願う人、また中国・韓国の文化や異文化間の比較と交流に興味をもつ人を広く受け入れる。東アジアの言語や英語その他の学習にも意欲があり、国際的な文化交流の体験を希望する人を歓迎する。日本・東アジア文化学科には多様な入学者選抜の方式があるが、それらはいずれもこの基本方針に沿っている。AO入試では特定の課題について調べ発表する力、ないし高い外国語能力と国際的な場で活躍しようとする意欲が重視される。
to-top