トップ
武蔵の学び

トップ 武蔵の学び 人文学部人文学部の概要

人文学部の概要

人文学部とは

それぞれの地域の文化と言語を学び、
複眼的な視野と世界に羽ばたく力を

人や物、情報などが国境を越えて激しく行き交う現代社会において、グローバル化は豊かさをもたらすと同時に、対立や摩擦を引き起こしています。こうした問題を解決するためには、お互いの文化を尊重し、共生の努力を積み重ねる必要があります。異文化との対話を重んじる人文学部での学びは、「なぜ、どのように歴史が動き、文化が定着したか」を1つの物語として総合的に理解できる教養と知性を与え、現代の文化と社会についての正しい認識と課題解決の力を獲得させてくれるでしょう。

異文化との対話は、さまざまな文化に関心を持つことから始まります。人文学部では、英語圏、ヨーロッパ、日本・東アジアの各文化を理解し、対象地域の言語を確実に身につけることを第一の目標としています。現地に赴いて文化と言語を学ぶ短期・長期の留学を奨励しているのもそのためです。2017年度新設の「グローバル・スタディーズコース」は、これまでの人文学部の取り組みを一層充実させた特訓プログラムです。身につけてほしいのは、グローバル市民として世界に羽ばたく力です。 Think and act as global citizens!

人文学部の特長

01

全員がゼミで学ぶ
少人数教育によって言語能力と専門性を着実に高めるのがゼミの役割です。1年次には「基礎ゼミ」で文化研究の基礎を学びます。2年次からは「専門ゼミ」が始まります。「中級ゼミ」を置く学科もあります。3年次には自分が選んだ分野やテーマのゼミでさらに力をつけ、4年次の「卒業論文」に結実させます。ゼミは指導教授制と結びついています。

02

「グローバル・スタディーズコース(GSC)」を新設
グローバル市民として能動的に活躍できる人材を育成する特訓コースです。外国籍の教員が英語で教える英語プログラム(学科横断型)に加え、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国・朝鮮語の特別プログラムがあります。多言語主義が人文学部の特長です。

03

実践的な言語力と国際感覚を養う新カリキュラムを導入
各学科とも語学教育・国際教育のさらなる充実を図っています。特に英語力の向上をめざし、就職に役立つTOEIC®や、海外留学のためのTOEFL®、IELTSTMの学習を支援する環境を整備しています。

04

多面的・徹底的に留学をサポート
グローバル・スタディーズコース(英語プログラム)の海外短期集中英語学習(1年次第2クオーター)、海外協定校への「協定留学」、夏季および2~3月の「外国語現地実習」、自ら調査計画を立てて報告まで行う「学生海外研修」など、多様なプログラムを活用できます。留学前の「留学準備講座」も充実。外国人留学生との異文化交流も盛んです。

05

人文学部ならではのキャリアに結びつく学びも提供
人文学部では教職課程や学芸員課程の履修も推奨しています。専門科目と関連する授業も多く、充実した時間割を組むことができます。外国人に日本語を教える力を養う「日本語教員プログラム」もあります。言語や文学、歴史や美術に関する学びは、キャリア形成を助ける免許や資格にも結びついているのです。

学部 KEY WORD

 
 外国語   比較   交流   アメリカ   留学  芸能  方言  祭礼  国際  芸術  
 歴史  哲学  思想  宗教  日本  ヨーロッパ  民俗   翻訳  文学  古典     
 神話  コミュニケーション

4年間で、こんな力が身につきます

人文-4年間でこんな力が身につきます(大学案内2015)

資格取得・主な就職先

教育研究上の目的とポリシー

to-top