トップ
武蔵の学び

トップ 武蔵の学び 人文学部 英語英米文化学科ゼミ紹介

英語英米文化学科 ゼミ紹介

基本的なゼミのステップ

1年次
英語英米文化基礎ゼミナール
基礎ゼミナールでは、英米の文化を題材に取り上げながら、大学の専門的な学びに必要な基本を身につけます。自ら調べ考えたことをレポートにまとめ、それを発表し、それぞれが意見を出し合って討論する方法などを学びます。
2年次
専門ゼミナール
1年次に学んだ基礎を踏まえ、自分の関心に従ってコースを選びます。専門ゼミナールでは英語圏を対象にして、言語、コミュニケーション、歴史、思想、社会、芸術や文学などに対する知識を深め、異文化を理解する力を磨いていきます。
3年次
専門ゼミナール
卒業論文を念頭に置きつつ、自分が関心のある研究テーマの専門ゼミナールに所属します。ゼミでの学習を進めながら、自身の研究テーマを絞っていくことになります。
4年次
卒業論文ゼミナール 卒業論文
卒業論文ゼミナールで指導を受けながら、4 年間の集大成となる卒業論文を作成します。どのように書き進めれば自らの論点をわかりやすく伝えることができるか、といった点にも留意しながら、より良い論文を仕上げます。

ゼミ一覧

川島 浩平 ゼミ
ハーフとミックスレイス:日米における異「人種」混淆
この授業は「ハーフ」/「ミックスレイス」をめぐる最近の運動や研究を、日米両国を視野に入れて概観し、文献講読や議論を通じて理解を深め、受講者自身の意見を育てると同時に、基礎ゼミナール等で養ったアカデミックスキルを実践的なレベルまでに高めることを目的とします。

→教員プロフィール
谷 憲治 ゼミ
英語の本質を知るための、歴史的背景と学問領域
例年このゼミでは、英語の歴史的変遷を理解することからはじまり、その背景にある英語を話す民族の特徴と、英語の特性を分析する上で重要な学問領域などを概観します。

→教員プロフィール
土屋 武久 ゼミ
教材を自作する、試す、そしてあなたが成長する
英語教育には教材開発lopment)と呼ばれる領域があります。このゼミでは、教材作成の理論を概観しながら学生が実際に教材を作成し、生徒役の学生に使ってもらい、質疑や議論を通じてより良いものに仕上げていくという、「開発」を経験します。

→教員プロフィール
角田 俊男 ゼミ
観光(ツーリズム)、自然・文化遺産、地域社会の関係
英米の近代観光の歴史や現代の観光地の事例研究などから、観光が地域の自然や歴史文化遺産をどのように活用し保全や再開発に努めているか、さらに地域のまちおこしや国民意識の形成に観光が果たす多様な役割などを具体的に考えていきます。

→教員プロフィール
直井 一博 ゼミ
English presentations followed with question and answer sessions
As opportunities for giving TED like presentations increase, it is important to learn the basics of giving good presentations. We will cover the basics, including how to deliver a presentation without being misunderstood and how to effectively field questions.

→教員プロフィール
新納 卓也 ゼミ
アメリカ文学作品を読み解く
アメリカ人作家による小説作品を、ディスカッション形式を採用しつつ読み進めていくゼミです。ゼミ専用のサイトにより毎回授業の予習をサポートします。ヘミングウェイ、フィッツジェラルド、マーク・トウェイン、フォークナーなどさまざまな作家の作品を取り上げます。

→教員プロフィール
ジェイソン・ホロウェル ゼミ
Language acquisition, teaching, and use
We will discuss and investigate various topics related to first and second language acquisition,language education, and use. Students are required to design and conduct a small fieldwork project or experiment and use their findings for in-class discussions as well as to complete their final presentation and report. These projects may be completed in small groups or, depending on interest and opportunities, may be conducted as an entire class effort.

→教員プロフィール
山崎 光治 ゼミ
フェミニズムの名著を読み、その基本的な思想を理解する
このゼミでは、英米のフェミニズムの古典を取り上げて精読します。これまでに、メアリ・ウルストンクラフト、J.S. ミル、ヴァージニア・ウルフ、ベティ・フリーダン、アドリエンヌ・リッチなどの作品を読み、フェミニズムの多様な問題についての理解を深めました。

→教員プロフィール
新井 景子 ゼミ
アメリカの小説を読む
このゼミでは、アメリカの代表的な作家の小説を精読します。作品の背景(小説が書かれた時代のアメリカの社会的・文化的状況、作者の伝記的背景など)に目を向けつつ、作品が提示しているさまざまな問題や語りの手法について考察し、作品の理解を深めます。

→教員プロフィール
岩佐 愛 ゼミ
イギリスの芸術と社会
イギリスにおける芸術文化とその歴史的・社会的背景について学び、卒論執筆に必要な「作品研究」の手法を身につけます。過去に取り上げたテーマ:英語で読む美術史入門、カントリーハウスの歴史、アートの経済学、イギリスの現代アート作品、イギリス庭園の歴史など。

→教員プロフィール
北村 紗衣 ゼミ
シェイクスピアの戯曲を読む
シェイクスピアの戯曲を原文で読みます。シェイクスピアを舞台芸術として理解するため、映画や舞台上演のDVD を見たり、演出を考えたりしながら読んでいきます。可能であれば実際に観劇に行きます。これまでには『ロミオとジュリエット』や『ハムレット』を読みました。

→教員プロフィール
ブライアン・マサハート ゼミ
The Past, Present and Futures of Global Citizenship
The seminar examines the history of global citizenship, explores how it is conceptualized today, and provides visions of how it may be practiced in the future. The seminar will not just challenge students to think of themselves as global citizens but encourage them to take steps to become one.

→教員プロフィール
ポール・ミンフォード ゼミ
Literary perspectives on a global world
We read literary works, in English, that engage with global issues. Emphasis is placed on understanding social and historical contexts, and how these affect particular experiences of global processes. Students develop their ideas through reading, group discussion, presentations and written assignments.

→教員プロフィール
パトリック・シュウェマー ゼミ
Building an “outside-inside”perspective on Japan
In this seminar, we aim to put Japanese cultural products both past and present into wider intercultural and comparative contexts. From a position inside Japan, students are encouraged to think about how Japanese culture appears from outside, while building the knowledge and skills needed to bridge gaps of understanding and perception.

→教員プロフィール
to-top