トップ
武蔵の学び

トップ 武蔵の学び グローバル教育センター 留学/国際交流 国外留学制度(協定留学)協定留学体験レポート

協定留学体験レポート

協定留学(派遣)

2017_留学02

フランスへの留学は、
確実に自分の力になった
人文学部 ヨーロッパ文化学科 4年
埼玉県・県立伊奈学園総合高等学校出身
■実習先:フランス リヨン第三大学
■留学期間:10カ月間(2年次)
高校時代に短期留学でフランスのリヨンを訪れ、とても印象が良く、武蔵大学の制度を利用して再び留学しました。リヨン第三大学では、日本語学科でさまざまな国の学生たちと日本について学びましたが、フランス語での論述には苦心しました。文法力も問われるものだったので、週1回の文法の授業は、特に入念に予習をして受講するようにしていました。課題にはいつも苦労が絶えませんでしたが、留学中にできるだけ多くのことを吸収したいという思いで、毎晩かかさず自習を続けました。帰国後、それまで2度落ちていた仏検2級の試験に合格できたのも、留学の成果の1つだと思っています。

協定留学(受入)

2015_留学

武蔵大学は落ち着いた雰囲気で、
日本を学ぶには最適な環境
人文学部 日本・東アジア文化学科 4年
フランス/リヨン第三大学
リヨン第三大学では言語学部に所属し、日本語や日本の経済、法律について学んできました。日本に興味を持ったきっかけは、子どもの頃に見たアニメ映画「千と千尋の神隠し」でした。大学でさまざまなことを学び、日本を知れば知るほど、日本に留学したいという思いは強なっていきました。現在は武蔵大学で日本語とアジアのビジネスなどを学び、MCVスタッフとして日本人学生や他の留学生たちと交流しています。キャンパスも美しくて、落ち着いた雰囲気がとても気に入っています。将来は大使館やフランスの公的機関など、日仏の架け橋となるような場で仕事がしたいと考えています。

●海外からの留学生について
2014 年度はアメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、韓国、中国の大学から、短期・長期合わせて20名の学生が武蔵大学に留学しました。留学生の多くがM CVスタッフに登録し、アクティビティやイベントなどのM CVプログラムに携っています。日本人学生と母国語を教え合うなどして楽しく交流しています。
to-top