トップ
武蔵の学び

トップ 武蔵の学び グローバル教育センター 留学/国際交流 国外留学制度(協定留学)国外留学制度(協定留学)TOP

国外留学制度(協定留学)

国外留学制度は、留学期間を含め4年間で卒業することも可能であることが大きなメリットです*。現在はイギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリア、フランス、ドイツ、オランダ、韓国、中国、台湾、シンガポールに協定校があります。

*留学する学年や所属する学科により4年間での卒業が難しい場合もありますので、詳細は教務課で確認してください。
協定留学プログラムの特長
●留学先の単位を認定する制度の利用により、4年で卒業することも可能です。
●留学先大学に授業料を納める必要がないところが多数あります。
●就職活動に影響が少ない期間で設定されたプログラムが多数あります。
●イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリア、フランス、ドイツ、オランダ、韓国、中国、台湾、シンガポールと選択肢が豊富です。

イギリス

協定留学

原則として協定校間で同数の学生を互いに派遣する制度です。協定留学制度には武蔵大学に学費を支払うだけで、留学先大学への授業料の支払いが免除となるものと、留学先への授業料の支払いが必要なものとがあり、協定校別に定められています。1年間の留学の場合、武蔵大学の年間授業料相当額の2分の1を限度に奨学金が給付されます。また、留学先大学へ授業料を支払う必要がある場合、留学先の年間授業料が武蔵大学より高い場合に限り、武蔵大学の年間授業料の2分の1を限度に、奨学金がさらに給付されます。
セメスター留学(1学期)の場合は、上記の2分の1を限度とする奨学金が給付されます。
to-top