トップ
武蔵の学び

トップ 武蔵の学び グローバル教育センター 留学/国際交流よくある質問

よくある質問

国外留学制度(協定留学)

協定留学を目指すためにまずは何から始めればよいでしょうか?
まずは留学先大学に求められている語学資格試験を一度受けてみるとよいでしょう。今の自分の語学力がどのくらいあるのかを知ることにより、交換・協定留学に要求されている基準までどれだけの道のりがあるのかを明確にすることができます。もし学内申請までに1年以上の期間があるのであれば、テストの結果が悪くても十分に挽回できる余地はあるでしょう。
交換留学と協定留学の違いは何ですか?
海外協定校への留学はすべて「協定留学」です。交換留学も協定留学の1つです。便宜上、武蔵大学に通常の学費を支払うだけで、留学先の授業料は免除される留学を交換留学と呼ぶことがあります。
交換留学は、協定を締結している大学間で同数の学生を派遣する双方向の留学ですので、派遣する留学生数のバランスが崩れた場合は、均衡が取れるまで派遣超過側大学からの派遣が一時的に停止されることがあります。
来年から1年間協定留学をしたいのですが、申込みはいつすればよいですか?
協定留学の申請は、留学する前年度に行います。7月上旬に仮申請および9月上旬に本申請を行い、9月下旬にかけて学内選考が行われます。9月の本申請時には、希望する留学先大学の語学基準を満たした証明書を準備しておかなければなりませんので、遅くとも8月中旬までに実施される語学検定試験を受験してください。いざ申請しようとする時に、まだ語学のテストを受けていない、あるいは全く基準点に達していないということがないようにしましょう。特に7月、8月の語学検定試験は受験希望者が多く、早めに申込みが締め切られてしまうことが多いため注意してください。学内申請に関するお知らせは3Sに掲示されますので、見逃さないよう定期的に3Sに掲示されるお知らせを確認してください。
協定留学に行きたいのですが、1年間は長いので少し不安なのですが...
海外に一度も出かけたことがない、または留学したことがない人にとっては、1年間という期間はいろいろと不安があることでしょう。本人ばかりではなく、ご家族の不安も大きいかもしれません。そういった場合は、いきなり1年間の留学をするのではなく、段階を得て最終的に協定留学をすることをお薦めします。まず、夏季休暇中や2月~3月に実施している約4週間の外国語現地実習プログラムに参加し、海外で生活することや、自分の語学力を試してみることから始めてみましょう。事前に現地を見ることで安心感も生まれます。また、学内で留学準備講座EASプログラムに積極的に参加し、協定留学先の現地の授業を受けるために必要な学習スキルを習得しましょう。また、セメスター留学(1学期)も実施しています。
2年次に1年間の協定留学をしたいのですが可能ですか?
2年次に留学することは可能です。留学するのに一番多い時期が3年次の時ですが、2年次で行く人もいます。グローバル教育センターから3Sやガイダンスなどで案内する学内申請方法に従って、1年次に協定留学の申請をしてください。どのような科目を留学先で勉強したいのかをしっかりと考えておくことが大切です。指導教授や教務課と履修計画などについて十分に話し合いましょう。
休学をして半年間もしくは1年間留学したいのですが、どうしたらよいですか?
武蔵大学を休学して留学をする場合は、学校探しから出願、書類作成、ビザの手配、現地との連絡まで、すべての手続きを個人で行うことになります。個人で行うのが不安な方は、民間の留学エージェントに依頼するということも一つの方法です。グローバル教育センターでは、協定留学以外の留学を行う場合のサポートは行っておりませんので、予めご了承ください。
ビザ取得は自分でするそうですが、手続きは自分でできるのか不安なのですが…
ビザ取得の手続きは頻繁に変更されており、常に最新の情報を確認する必要があります。国により異なりますが、旅行会社やビザ申請代行業者にビザ申請手続きを依頼することが可能な場合もあります(別途料金必要)。自分で手続きを行う場合でも、渡航国の大使館のウェブサイトで案内されているビザ申請手続きをよく読み、指定された期限を守って一つ一つを指示通りにすれば問題はありません。渡航予定日の2ヶ月前にはビザ申請手続きを行いましょう。
3年生で協定留学へ行くと就職活動が気になるのですが、大丈夫でしょうか?
就職活動との兼ね合いについては事前に十分に考えておきましょう。就職活動が始まる時期までに帰国できる留学先が多数ありますので、自分の目的に合った留学計画を事前にしっかり立てることが大切です。3年生の9月から留学する人は、1年留学の場合帰国するのが5月下旬頃となりますので、就職活動に若干遅れを取ることになります。就職活動については、計画性を持って早めに行動することが大事です。指導教授やキャリア支援課とよく相談してみましょう。また、セメスター留学(1学期)も実施しています。
教職課程を取りながら協定留学もしたいのですが、可能でしょうか?
教職課程と留学との両立は可能ですが、まず指導教授や教務課とよく相談してください。教職課程を取りながら留学を行う場合、4年間での卒業は難しい場合があります。

現地で取れる科目はどんな科目でしょうか?
原則的に協定留学生は、どの科目でも選択することができるようになっています。ただし、語学力と専門科目のレベルにより、履修を制限される場合もあります。専門科目を受講するための語学基準が足りていない場合、留学前半は大学付属の語学学校で語学の授業を受けることができる大学もあります。詳しい科目はそれぞれの大学のホームページを見てください。
→協定校一覧
協定留学の選考では何が重要視されますか?
主に、留学の目的や将来の計画性が明確かどうか、武蔵大学での成績、語学力などが重要なポイントとなります。各留学先大学が要求している語学基準に達していることが申請時の最低限の条件になります。学内成績も良いほど有利となりますので、日頃から大学の勉強も頑張りましょう。
奨学金について聞きたいのですが…
武蔵大学では、協定留学生となった方に奨学金を給付しています。1年留学の協定留学生には、年間授業料相当額の2分の1を限度に奨学金が給付されます。また、留学先大学に授業料を納入する必要がある場合、留学先大学の授業料が武蔵大学の授業料を超える場合に限り、その差額分について更に武蔵大学の授業料相当額の2分の1を限度として奨学金が給付されます。
セメスター留学(1学期)の協定留学生には、上記1年留学の奨学金の2分の1を限度として奨学金が給付されます。
留学するにはどのぐらいの語学力が必要ですか?
各協定校によって、基準は異なります。まずは協定校が要求している語学基準をチェックしてみてください。→長期留学プログラム一覧

英語圏の協定校では、要求されている語学基準が細分化しています。従来高い語学基準を設けている欧米の協定校も、語学基準に満たない学生へ現地での集中英語コースや大学準備コースを受講させることで、できるだけ多くの学生に留学できる機会を提供しています。
1年間の協定留学では、語学を学ぶだけではなく、留学先の言語で専門科目を学びます。例えば現在武蔵大学で受けている授業が、明日から急にすべて英語になるとしたらどうなるか想像してみましょう。留学先では、現地の大学生とともに授業に出席し、現地の言葉で講義を聞き、ノートを取り、レポートを提出し、プレゼンテーションをし、試験を受けます。これらの作業がスムーズに行えるぐらいの語学力にたどり着くために、留学をした皆さんの先輩たちは非常に苦労しています。例え要求された語学基準に達しても、それだけでは決して十分ではありませんので、語学の勉強は継続しましょう。
また、武蔵大学入学後、初めてドイツ語、フランス語、韓国・朝鮮語、中国語を勉強した人は、留学に十分な語学力を身につけるために語学学校へ通うことを強くお薦めします。
現在4年生ですが、まだ留学できますか?
協定留学申請年度および留学年度に武蔵大学在籍しているのであれば、4年生でも留学を申請することはできます。ただし、就職活動との兼ね合いや単位修得については事前に十分に考えておきましょう。もし1年留学するのであれば、卒業は通常5年以上かかることとなります。そのことを十分に理解した上で、指導教授や教務課とよく相談してみましょう。
単位認定はどのようにされるのでしょうか?
留学先大学で取得した単位は、帰国後審査にかけられ、認定されて初めて武蔵大学の単位として認定されます。留学先で修得した単位が自動的に武蔵大学の単位として認められるということではありません。よってどれぐらいの単位が認定されるかを出発前に具体的な数字で示すことは困難です。ただ、過去の平均実績は分かりますので、それについてはグローバル教育センターに相談してください。学部・学科によっても認定基準は異なります。具体的には、講義要綱(シラバス)、教科書、授業でとったノート、配布された資料、成績表等をみて総合的に判断されますので、帰国時には必ずこれらの資料を持ち帰るようにしてください。尚、単位認定申請の際は留学先大学で発行された成績証明書の原本が必要です。PDFやコピーでは単位認定を受けることができませんので、成績証明書原本を無くさないようにしてください。
半年間留学したいのですが。
セメスター(1学期)留学が可能です。留学可能な学期は協定校によって異なりますので、グローバル教育センターの留学プログラムで確認してください。

短期語学留学制度(外国語現地実習)

まずは何から始めればよいでしょうか?
夏季外国語現地実習向けの募集ガイダンスは4月、春季外国語現地実習向けの募集ガイダンスは11月に行われます。参加検討をしている方はまず、このガイダンスに参加してください。そして参加すると決めたら、単位を修得したい学生は参加申込み書と一緒に履修登録申請をする必要があります。グローバル教育センターに申込み書類を提出した方には、その後必要に応じて手続きを案内します。パスポートは参加者本人と保証人と両方のパスポートが必要となりますので、所持していない学生やそのご家族の方々はまずパスポートを取得することから始めてください。

定員はありますか?またいつ申込みをすればよいでしょうか?
募集人数および最少催行人数の設定がある場合があります。通常夏季外国語現地実習については、台湾は4月中旬、その他は5月中旬に締め切り、春季外国語現地実習については通常11月下旬で申請を締め切ります。詳しい日程については、3Sに発表されますので、常時確認しましょう。 
→留学の流れ
1ヶ月の外国語現地実習は単位として認められますか?
認められます。申し込み書と一緒に履修登録届を提出をし、現地でコースをすべて修了した時に発行される修了証を帰国後にグローバル教育センターに提出すれば、単位が認定されます(「P」評価、2単位)。夏季外国語現地実習に参加した場合、後期の単位として認定されます。春季外国語現地実習に参加した場合、翌年度の前期の単位として認定されます。「履修登録単位制限」の対象となりません。
外国語現地実習に参加してみたいが、一日中勉強漬けではなく、観光も自分の趣味もしながらゆっくりと過ごしてみたいのですが。
外国語現地実習は、海外の協定校で実施される「語学の集中授業」であるため、ほとんどの場合平日午前、午後ともに授業があり、毎日宿題等もあります。ただし、週末には小旅行のオプションがある場合が多く、観光名所などを訪れる機会もあります。
語学の勉強だけでなく、観光や趣味などにもゆっくりと時間を割きたい、いろいろなアクティビティをコースに盛り込んだものに参加したい場合は、旅行会社や民間の留学エージェントなどが行っているプログラムへの参加を検討するとよいかもしれません。
外国語現地実習に参加する場合、大体いくらぐらい費用がかかりますか?
国や留学時期(夏か春か)によって大きな違いがありますが、春季はアジア圏で約30万(携帯・保険・燃油サーチャージ・お小遣い等別途)、欧米圏で約40万~55万(携帯・保険・燃油サーチャージ・お小遣い等別途)、夏季はアジア圏で約30万(携帯・保険・燃油サーチャージ・お小遣い等別途)、欧米圏で約50万~60万(携帯・保険・燃油サーチャージ・お小遣い等別途)となります。詳しくは外国語現地実習プログラム詳細をご覧になるか、グローバル教育センターまで問い合わせて下さい。
→外国語現地実習プログラム詳細へ
外国語現地実習への参加には、語学基準がありますか?
特にありません。初級から上級の人まですべて参加することができます。現地に着いた後、授業開始初日にクラス分けのテストがあります。そのテストの成績を基にクラス分けされ、レベルに応じたクラスで授業を受けていきます。ただし、英語現地実習以外の現地実習プログラムに参加を希望する方のうち、その言語を大学に入学してから初めて学び始めた方は、2年次以降に参加することを推奨しています。

学生海外研修

学生海外研修先はどこの国を選んでもいいのでしょうか?
基本的にはどこの国でも選ぶことができます。しかし、治安の悪化している危険地域や、外務省の情報により現地の情勢が不安定な地域であるとグローバル教育センターが判断した場合は、許可しないことがあります。
いつ申込みをすればよいでしょうか?
学生海外研修に参加するにはまず学内選考があります。通常、次年度の募集について5月、11月にガイダンスを行い、申請書類締切りが12月初旬(仮申請)および1月中旬(本申請)となっています。詳しくは留学プログラムの学生海外研修のページをご覧ください。
→学生海外研修
学生海外研修の選考では何が重要視されますか?
研修計画の内容、指導教授からの紹介状が主な選考基準となります。また申請条件として、申請する年度のTOEIC® L&R IPテスト(学内試験)を受験していることと、「海外調査方法論」の授業を履修していることが必須です。明確な語学基準は設けていませんが、語学力も選考において重要視されます。研修先の言語をほとんど知らない国を希望する場合は、どのような方法でコミュニケーションを取り、調査を進めるのかといった調査方法を問われることがあります。
奨学金はどのぐらい支給されますか?
現在1人30万円を上限に給付しています。
2人などのチームで参加したいのですが可能ですか?
2人などのチームで計画を進め、現地調査を行うことは可能です。その場合も給付する奨学金は1人につき30万円を上限としています。

その他

現地の様子について、実際行った人から話を聞きたいのですが。
各留学プログラム参加経験者で、問い合わせを受けてもかまわないという方々の連絡先をグローバル教育センターが持っています。コンタクトを取りたい方は、グローバル教育センターで尋ねてください。電話、メールでお答えすることはできません。なお、卒業した学生の連絡先はご案内できません。
留学や海外研修を経験したら就職に有利ですか?
留学や海外研修をしただけで就職に有利になることはありません。就職面接の際にも当然、留学や海外研修の目的と成果を求められるでしょう。就職活動という一時的なもののためだけでなく、将来の方向を見据えて留学や海外研修を位置づけてみるとよいかもしれません。
海外でのお金の管理はどうすればいいですか?
クレジットカード、キャッシュカードの利用などがあります。クレジットカードは必ず必要となるでしょう。特に欧米はカード社会ですので、現金を持ち歩かずクレジットカードで支払うことが一般的となっています。また万が一現金がなくなったり、大きな支払いをせざるを得なくなった場合の最終手段としても使えます。キャッシュカードは入金した範囲内での利用となるため、クレジットカードと違い使いすぎる心配がありません。また急にお金が必要となった場合でも日本にいる家族からの再入金が可能であるという便利さがありますが、手数料が高いということもあるので、事前に確認しておきましょう。現地に長期滞在する場合は、現地の銀行で口座を開設するとよいでしょう。
現地滞在中に何かあった時にはどうすればよいですか?
渡航前のオリエンテーションで緊急事態が起きた場合の連絡先を案内します。現地滞在中はオリエンテーション等で配付したしおりや案内書を常に携帯し、何か問題が起きた場合はその案内に従って連絡をしてください。
キャンパスメイトになるにはどうしたらよいのでしょうか?
10号館8階にキャンパスメイトの部屋がありますので、そこを訪ねてください。キャンパスメイトは海外から来ている留学生との交流をはじめとした国際交流関連のボランティア活動をする団体です。時間の許す限り留学生向けのフィールドトリップやその他のイベントに参加して、積極的に国際交流を楽しんでください。 

留学生と友達になりたいのですが、キャンパスメイトでないといけませんか?
もちろんそのようなことはありません。個人的に知り合う機会があれば、積極的に交流しましょう。
to-top