トップ
武蔵の学び

トップ 武蔵の学び 経済学部 経営学科在学生の時間割例

経営学科 在学生の時間割例

企業の課題に取り組み、経営への理解が深まった

経済学部 在学生

経営学科 ビジネスコース 埼玉県・私立淑徳与野高等学校出身

武蔵大学を選んだ理由
進路で悩んでいたときに、尊敬する父から将来に役立つからと経営学科をすすめられました。武蔵大学はオープンキャンパスに参加して、“少人数で学べるゼミ”という点に惹かれました。1年次からゼミに入り、チームで1つのことを調べ学んでいける環境にいることは、とても恵まれていると思っています。

2年次のゼミで学んだこと
日 本食ブームなどを踏まえ、日本の外食チェーン店の海外進出の現状や成功の要因などを探りました。幸運なことに、ある外食チェーン店の方にインタビューをすることができ、中国で失敗した際の話から、文化の違いが大きく影響するといったリアルな情報を加味した発表を行うことができました。

3年次のゼミで学んだこと
ホワイト企業とは、どのような仕組みになっているの か。その要因について調査・研究を行いました。残業がない、収入が多い、その一方で業界のシェアトップを維持しているある企業にフォーカスしました。コスト削減へのさまざまな取り組みを知り、経営というものにますます関心を持ちました。

今後の目標
ゼ ミでは4年間を通じて、グループによる調査や発表をくり返してきました。お互いの役割分担やタイムマネジメントなど、社会でも役立つスキルを身につけることができたと思います。将来は、ゼミで身につけた力や知識を生かせる仕事に就きたいと考えています。
3年次前期の時間割例

経営学科2017時間割

水曜日の3限後は、図書館での勉強を習慣にしていました。火・木・土曜日の放課後はダンスサークルの練習。イベントに向けてみんなでがんばりました。

2017経営_学生01

学びやすい少人数のゼミ。
知識欲が刺激されていく
経営学科 企業会計コース
広島県・県立広島皆実高等学校出身
1年次のゼミで学んだこと/前期の教養ゼミナール(荒田ゼミ)では、微分積分とマーケティングの関係について学びました。商品と消費者の関係を微分積分で説明できることを知ったのは、新しい発見でした。

2年次のゼミで学んだこと/水島ゼミで、貸借対照表といった会計学の基礎について、皆で輪読しながら学びました。特に、簿記については正しく理解したかったので、予習復習は必ず行っていました。ゼミ生は4名だったので、人見知りをする私でもすぐに打ち解けられ、学びやすい環境でした。

今後の目標/経営やお金に興味があり、この学科を選択しました。今後はお金の価値や意味をより深く学びたいと思っています。そして、簿記やファイナンシャルプランナーをはじめ、将来に役立つさまざまな資格の取得もめざしています。
2年次前期の時間割例

2017経営_時間割01


2017経営_学生02

新しい価値観や知識との出会いが、
将来を考えるきっかけになった
経営学科 ビジネスデザインコース 2017年3月卒業
埼玉県・県立川越高等学校出身
2年次のゼミで学んだこと/社会起業家に着目し、彼らが現代社会に必要とされる背景や支援が必要な問題などについて調査しました。私は障がい者の就業支援をしている方を取材し、誰かのために働くという新しい価値観に出会うことができました。

3年次のゼミで学んだこと/「中小企業の成長性評価と地域金融機関の役割」というテーマで(一財)商工総合研究所が主催する懸賞論文にチームで取り組み、金融部門で準賞をいただきました。私は経営学科の学生ですが、この論文により金融の立場から考える機会を持つことができました。

将来について/ゼミでの学びを通して、金融機関が企業発展の力になれると知り、将来は金融機関で地域経済の活性化に尽力したいと考えています。地方創生の原動力になることが目標です。
3年次前期の時間割例

2017経営_時間割02

to-top