トップ
武蔵の学び

トップ 武蔵の学び 経済学部学部長からのメッセージ

経済学部長からのメッセージ

髙橋経済学部長

伝統ある経済学部で、
仲間との絆を強めながら、
価値ある4年間に
経済学部長
高橋 徳行 教授
経済学部は、1949(昭和24)年に、武蔵大学の設置と同時に誕生した学部です。当初は、経済学科のみでしたが、その後、経営学科、そして金融学科を開設し、現在に至っています。

経済学科は、経済活動全体を理解する能力、経営学科は経済活動を企業や組織という視点から理解する能力、そして金融学科は経済活動の血液ともいえる金融、そしてファイナンスを理解する能力をそれぞれ養います。そして、3つの学科のいずれに所属しても、他の学科の科目やゼミナールを履修することができますので、経済活動を理解するための幅広い知識を身に付けることができます。

2015年度からは、経済学部で学びながら、ロンドン大学の学位を取得できるプログラムを開始し、国際化にも大きな一歩を踏み出しました。現在、20名近い学生が、新1年生としてこの新しいプログラムのもとで学習しています。

ゼミの武蔵の伝統も、もちろん健在です。経済学部では、1年次から4年次までのゼミを専任教員が担当し、毎年12月にはゼミ大会を実施し、日頃の成果を競い合います。

ゼミは、深く物事を考える習慣、批判的に現実を見つめる癖、そして建設的に問題や課題を解決する姿勢を身に付けるためには最適の場です。ゼミの仲間と支え合い、刺激し合う時間は、社会では経験できない、しかし社会人になるための貴重なものです。

自分自身を高める、価値ある4年間がここにあります。

学部長のプロフィール
to-top