トップ
武蔵の学び

トップ 武蔵の学び 経済学部 経済学科学科の特長とカリキュラム

経済学科の特長とカリキュラム

経済についての専門知識を身につけ、経済学的思考のセンスを磨く

経済の仕組みを理解し、グローバルに関連する経済の動きとその変化が、私たちの生活におよぼす影響を自分なりに考え、予測する力を養います。政府によるさまざまな政策とその意図、世界各国や日本経済の特質、日本の世界経済へのかかわり方など、多様な視点から激動する経済を分析していきます。
→カリキュラムポリシー

学科のポイント

POINT 01 経済のメカニズムを理解し、柔軟な思考能力を養成
理論と実証、歴史をバランス良く学ぶことにより、私たちが置かれている世界経済を理解するために必要な基礎知識を身につけます。これらの知識を十分に咀嚼することで、少子高齢化や環境などの諸問題を柔軟かつ論理的に分析する能力を養っていきます。

POINT 02 国際社会で通用する語学力と知識を習得
世界各地域の動向をとらえながら、国際貿易や金融、多国籍企業の理論と実際を体系的に学び、国際社会で通用する人材をめざします。英語力向上や留学をめざす学生のための科目も充実しており、世界で通用する力を身につけられます。

POINT 03 少人数のゼミを通して自分の夢をかなえる
少人数で学ぶゼミは専門知識を深めることができるだけでなく、一緒に研究を進めるための協調性や、ほかの仲間と議論し発表し合うコミュニケーション力を養います。また、特色ある各ゼミでは、留学に向けた指導や学内外のゼミとのインターゼミ、グローバルな人材に必要な異文化理解など、さまざまな学びの機会が用意されています。

経済学科カリキュラム

経済学科 2017カリキュラム

コース概要

※2年次からは各コースに分かれます。経営学科、金融学科のコース(ゼミ)も選択できます。

経済学科コース概要

国際経済・経営コース

多国籍企業や国際金融の理論と実際、世界各地域の経済事情などを総合的に学びます。ビジネスに必要な英語力の養成や、留学に向けた経済英語や留学準備講座が用意されているほか、協定留学生向けの英語のみで行われる授業(EAS科目)も履修できます。
※EAS(East Asian Studies) 科目

経済学と現代経済コース

人々の暮らしに大きく影響している経済の仕組みを理論や歴史から学ぶとともに、経済分析の手法を身につけ、環境や福祉など日本が抱える課題の解決方法を考えます。国の経済全体を扱うマクロ経済学と、家計や企業の経済活動を分析するミクロ経済学を応用して、より専門的に学んでいきます。
to-top