トップ
武蔵の学び

トップ 武蔵の学び 大学院 人文科学研究科人文科学研究科の各種ポリシー

人文科学研究科の各種ポリシー

本研究科は、武蔵学園の建学の理念と大学の教育の基本目標に基づき、専攻分野に関する高度の専門知識及び能力を修得させ、関連分野を横断する学際的素養を培うことを教育上の目的とし、国内外において、卓越した学識をもって教育研究機関で活動する研究者や文化と社会の発展に貢献しうる職業人を育てることを人材養成の目的とします。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

欧米文化専攻:
欧米の言語・文学・歴史・思想・芸術・比較文化論の領域に関して、博士前期課程にあっては学術的な研究能力を得させ、専門性の高い職業に就きうる知識と力を養い、博士後期課程にあっては高等教育機関等における専門職を担い、文化の継承と発展に貢献しうる高度の学識と指導力を備えた人材を養成することを教育研究上の目的とします。

日本文化専攻:
日本の言語・文学・歴史・思想・美術・民俗・芸能、東アジア文化論の領域に関して、博士前期課程にあっては学術的な研究能力を得させ、専門性の高い職業に就きうる知識と力を養い、博士後期課程にあっては高等教育機関等における専門職を担い、文化の継承と創造に貢献しうる高度の学識と指導力を備えた人材を養成することを教育研究上の目的とします。

社会学専攻:
社会学の諸理論、社会学的方法論、メディア論、文化人類学の諸領域に関して、博士前期課程にあっては学術的な研究・調査能力を向上させ、博士後期課程にあっては高等教育機関や企業等の研究部門における専門職を担い、各種の社会的問題の発見・解決に寄与しうる高度の学識と社会や文化の発展に貢献しうる指導力を備えた人材を養成することを教育研究上の目的とします。


博士前期課程
本課程に原則として2年(4学期)以上在学して所定の単位(30単位)を修得し、かつ研究指導を受けた上、修士論文あるいは特定課題研究を提出し、その審査に合格することが必要です。さらに、欧米文化専攻、日本文化専攻、社会学専攻それぞれに設けられた3つのコースにおいて目標とする以下に示すような、専門知識、研究調査能力を修得し、研究者や専門的な職業人としての資質を培った者に欧米文化専攻及び日本文化専攻においては、修士(人文学)、社会学専攻においては、修士(社会学)を授与します。なお、本課程では、成績優秀な学生が所定の条件を充たせば、早期修了制度を適用して、在学期間1年(2学期)で修了することが可能です。

(1)専門研究コース
    ・人文学、社会学における専門知識と研究調査能力を身につけていること
    ・高度な言語の運用能力を身につけていること
    ・それぞれの専門研究領域の中で自らが設定したテーマを解明するための、分析力および探究心を備えていること
    ・成果を公表する際の構成能力、文章表現力、討論能力等の表現力を有していること

(2)キャリアアップコース
    ・教員、学芸員、専門社会調査士などの専門的な職業に就くために必要とされる言語能力を身につけていること
    ・各領域の専門知識および実践的技法、専門的調査・分析手法を修得していること
    ・それぞれの専門研究領域の中で自らが設定したテーマを解明するための、分析力および探究心を備えていること
    ・自らの知見を伝達するための表現力を有していること

(3)生涯学習コース
    ・専門的な職業に就くために必要とされる言語の運用能力を身につけていること
    ・文化交流、社会貢献に資する専門知識を身につけていること
    ・各領域における高度な探究能力を備えていること
    ・自らの知見を伝達するための表現力を有していること

博士後期課程
本課程では、博士前期課程で培った研究調査能力、文献読解力、構想力、表現力を用い、専門の研究領域において自立した高度な研究活動ができる能力とその基盤となる学識を修得するとともに、本課程に3年(6学期)以上在学し、所定の研究指導を受けた上、学位申請論文を提出して、その審査および最終試験に合格した者に、欧米文化専攻及び日本文化専攻においては、博士(人文学)、社会学専攻においては、博士(社会学)を授与します。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

博士前期課程
博士前期課程は欧米文化専攻、日本文化専攻、社会学専攻の3専攻から構成されています。それぞれの専攻は、専門研究コース、キャリアアップコース、生涯学習コースを設置し、人文学、社会学の諸分野において高度の専門的知識、研究調査能力、言語の運用能力、成果公表にあたっての構成能力と表現力を養成するためのカリキュラムを編成しています。また、2年間で前期課程を修了することが困難であることがあらかじめ想定される学生に対しては、3年または4年を履修期間とする長期履修制度を設けています。

  1. 指導教授を定め、その指導の下、学生は修了に必要な「研究」、「特論」、「文献研究」(以上、講義)、「専門演習」などの授業科目を履修する
  2. 修了に必要な単位は30単位であり、所属する専攻の授業科目から20単位以上を修得する。このうち16単位は指導教授の担当または指示する科目を履修しなければならない
  3. 修士論文または特定課題研究を作成する年度には、専門研究コースにあっては指導教授担当の「研究指導演習」を、キャリアアップコース、生涯学習コースにあっては指導教授担当の「専門演習」の単位を修得しなければならない
  4. 修士論文または特定課題研究の提出者は、原則として3名以上の教員が構成する審査委員会による審査及び最終試験を受けなければならない
  5. 研究指導は、指導教授が個々の学生に交付する研究指導計画書に基づいて行う
  6. 学際的な素養を培うために、指導教授の指導により、10単位まで、人文科学研究科内の専攻横断科目、他専攻、あるいは、他研究科、または、留学により修得した科目、協定を結んでいる他大学大学院の開講する科目を修了必要単位に算入することができる

博士後期課程
博士後期課程は、欧米文化専攻、日本文化専攻、社会学専攻の3専攻から構成されています。それぞれが高等教育機関等で活動しうる学識と、独自の問題設定によって新たな知見をもたらしうる研究調査能力を養成するためのカリキュラムを編成しています。

  1. 指導教授を定め、その指導の下、学生は「特別演習」を履修する
  2. 12単位を修得し、学位申請論文を作成する。また、指導教授と相談の上、博士前期課程その他の科目を履修することができる
  3. 博士論文を提出するまでの各年度に年間研究報告書を作成、提出しなければならない。なお、本課程における研究指導は、指導教授が個々の学生に交付する研究指導計画書に基づいて行う
  4. 課程博士として学位申請論文を提出する場合、正式提出日の3ヶ月以上前に提出し、予備審査及び指導を受けなければならない
  5. 論文の正式提出後には、原則として3名以上の教授が構成する審査委員会による審査及び最終試験を受けなければならない

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

求める学生像

博士前期課程
本学の学園建学の三理想と「全学の教育の基本目標」を理解し、学士課程において修得した専攻分野、すなわち、言語・文学・歴史・思想・芸術・民俗・比較文化論、社会学理論、社会学方法論、社会学の諸領域およびその関連分野を研究対象とし、本研究科で学ぶに充分な一般的教養、専門的知識と外国語文献読解力、言語運用能力、理論的分析能力等を修得していることを入学者受け入れの基本的な条件とします。
 
(1)欧米文化専攻
英語圏、ドイツ語圏、フランス語圏を中心とする欧米文化研究、比較文化研究を理論的かつ実践的に研究しようとする人。英語、ドイツ語、もしくはフランス語を中心とする外国語の文献読解力に加え、さまざまな文化現象を独自の視点から調査し分析できる論理的な思考力と言語運用能力をもち、学士課程修了レベルの専門的知識を有する人
 
(2)日本文化専攻
日本をはじめとする東アジア諸地域の文化研究に高い関心をもち、学術研究の遂行に必要な基礎的知識と文献読解力、言語運用能力を有する人。さらに、日本と東アジア諸地域との比較研究も視野に入れながら、専攻分野に関する資料分析能力および論理的思考力、表現力を備え、自ら発見した課題にもとづき設定したテーマについて、積極的かつ主体的に追究することができる人
 
(3)社会学専攻
一般的教養、外国語文献読解力、言語運用能力を有するとともに、学士課程修了レベルの社会学、メディア研究の専門的知識、理論的分析能力、データ解析能力、社会学的思考力を有している人。さらに、さまざまな社会的、文化的現象を理論的、批判的に分析し、独自の視点から自ら設定したテーマについて積極的、主体的に研究に取り組むことができる人
 
博士後期課程
本課程は、博士前期課程において修得した人文学、社会学の諸領域における高い専門能力と外国語文献読解能力、言語運用能力、理論的分析能力、データ解析能力、社会学的思考力等を有し、自立的かつ批判的探究精神をもって、英語圏、ドイツ語圏、フランス語圏を中心とする欧米文化、比較文化、日本および東アジアの文化、理論的かつ経験的社会学における高度な専門的研究を行おうとする人を受け入れます。さらに、本課程に3年(6学期)以上在学し、所定の研究指導を受け学位論文を提出する意欲をもっていることを受け入れの基本的な条件とします。
 
(1)欧米文化専攻
英語圏、ドイツ語圏、フランス語圏を中心とする欧米文化研究、比較文化研究を理論的かつ実践的に研究しようとする人。英語、ドイツ語、もしくはフランス語を中心とする外国語の文献読解力に加え、修士課程修了レベルの高度な文化研究に関する専門的知識、理論的分析能力、言語運用能力を有している人。さらに、独自の視点から自ら設定した研究テーマについて学位申請論文の作成に計画性をもって、自立的、主体的に取り組むことができる人
 
(2)日本文化専攻
日本をはじめとする東アジア諸地域の文化研究に強い関心をもち、博士前期課程修了レベルの専門的知識と文献読解力、言語運用能力を有する人。さらに、日本と東アジア諸地域との比較研究も視野に入れながら、専攻分野に関する高度な資料分析能力および論理的思考力、表現力を備え、自ら発見した課題をふまえて独自に設定したテーマのもと、独創的な学位申請論文の作成に計画的かつ自立的に取り組むことができる人
 
(3)社会学専攻
一般的教養、外国語文献読解力、言語運用能力を有するとともに、修士課程修了レベルの高度な社会学、メディア研究に関する専門的知識、理論的分析能力、データ解析能力、社会学的思考力を有している人。さらに、独自の視点から自ら設定した研究テーマについて学位論文の作成に計画性をもって、自立的、主体的に取り組むことができる人

課程、コースごとの受入方針および評価のポイント

博士前期課程
 受入方針・評価のポイント
専門研究コース各専攻とも、筆記試験による専門分野に関する専門的知識(学士課程修了レベル)および外国語、とくに読解能力について評価するとともに、口述試験時の質疑応答状況、さらに出願時の志望理由や研究計画の明晰性、妥当性等について総合的に評価します。
外国語科目を英語で受験する場合、TOEIC®やTOEFL®iBTの得点によって、当日の筆記試験を免除します。免除の基準となる得点は専攻によって異なるので、「武蔵大学大学院学生募集要項」等で確認してください。
 
キャリアアップコース
 
教員能力開発、学芸員研究能力開発、専門社会調査士資格取得の3つのプログラムがあります。それぞれのプログラムともに専門的な職業に就くための各領域の専門的知識や技法等の修得および専門的研究にかなう、学士課程における基本的知識を修得していることを前提としています。
よって、筆記試験による専門分野に関する専門科目、小論文、口述試験時の質疑応答状況、さらに出願時の志望理由や研究計画の明晰性、妥当性等について総合的に評価します。
なお3プログラムそれぞれに、教員免許状(第1種)、学芸員資格、社会調査士資格を有していることが望まれます。
 
生涯学習コース本コースにおいては、専門的な職業に就くため、あるいは文化交流や社会貢献に資する専門的知識の獲得を目的としていることから、各領域における高度な研究能力が必要です。
よって、筆記試験による専門分野に関する専門科目、小論文、口述試験時の質疑応答状況、さらに出願時の志望理由や研究計画の明晰性、妥当性等について総合的に評価します。
 
社会人入試豊かな社会経験を有し、勉学意欲旺盛な者を受け入れます。
筆記試験による専門分野に関する専門科目、小論文、口述試験時の質疑応答状況、さらに出願時の志望理由や研究計画の明晰性、妥当性等について総合的に評価します。
 
学内推薦入試人文科学研究科では、学部教育と大学院教育を有機的に結びつけ、より高い教育効果を上げるために、本学人文学部および社会学部に在籍する卒業年次の学生が大学院進学を希望する場合、成績に関して所定の条件を満たし、かつ指導教授の推薦を受ければ、筆記試験を経ずに、出願書類および口述試験によって評価します。
 
 
博士後期課程
受入方針・評価のポイント
修士の学位または専門職学位を有するとともに、専門の研究領域において自立した高度な研究を遂行する能力を有するかを確認するため、専門科目に関する筆記試験および口述試験を実施するとともに、修士論文(それに相当するもの)および志望理由書、研究計画書、学業成績等について総合的に評価します。
 
to-top