トップ
武蔵の学び

トップ 武蔵の学び 大学院 人文科学研究科人文科学研究科

人文科学研究科

欧米文化専攻/日本文化専攻/社会学専攻

人文科学研究科は、欧米文化専攻、日本文化専攻、社会学専攻の3専攻からなり、その特色は、まさに「ゼミの武蔵」を体現しているといえます。それは、指導教授と院生との距離の近さや親身な指導はもとより、指導教授以外の教員もチームのようになって指導にあたることから、多面的な研究のアドバイスやサポートが受けられるという環境があるからです。

さらに、本研究科には専攻ごとに院生研究室があり、そこでは前期課程(修士)、後期課程(博士)の別なく各自が充実した研究が行えるとともに、互いの研究について相談したり議論したり、コミュニケーションをとりながら研究に取り組めるようになっています。
学位
欧米文化専攻  博士前期課程 修士(人文学)
        博士後期課程 博士(人文学)

日本文化専攻  博士前期課程 修士(人文学)
        博士後期課程 博士(人文学)

社会学専攻  博士前期課程 修士(社会学)
       博士後期課程 博士(社会学)

欧米文化専攻

イギリス・アメリカ系、ドイツ系、フランス系、比較文化系の4つの系を含み、各系における専門的な研究を基盤にしながら、既存の研究分野を越えた「学際的」な研究を多面的に追究できるように構成されています。

  1. 英語圏、ドイツ語圏、フランス語圏の各地域に関連する多様なテーマについて専門的な研究を行うことができます。
  2. 欧米という文化圏の歴史的・社会的・文化的な類縁関係を視野に入れて、より深く学び、考えることができる場になっています。
  3. 「言語・文学」「思想・歴史」「比較文学・比較文化」の3分野を核に授業科目が構成されており、相互の関連の中で学び、研究することができます。
→担当教員の研究領域・担当科目等

日本文化専攻

日本文化・東アジア文化の多様性に対応できる研究方法と知見とを学べるように構成されています。

  1. 日本語学・日本思想史・日本古典文学・日本近代文学・日本社会文化史・日本民俗史・日本生活文化・日本芸能史・東アジア文化などに関する専門的な研究を行うことができます。
  2. 日本語教員プログラムを履修すれば高い専門性をもった日本語教員になれます。
  3. 韓国高麗大学校や中国西安外国語大学からの交換留学生をはじめとする各国の留学生など、多様な学生が在学しています。これらの大学への留学もできます。
→担当教員の研究領域・担当科目等

社会学専攻

「システム」「メディア」「カルチャー」を現代社会学のキーコンセプトとして設定し、それぞれに対応する専門分野を置いています。さらに、「ジェンダー」のように分野を横断する専門領域の研究を進めることも可能です。

本専攻は、発足当初から社会人入試を実施し、研究者だけでなく、専門的職業人の養成に力を入れてきました。社会人が、これまでに学んだことや経験に加えて、最新の知識や研究方法、理論、調査方法などを、きちんと身につけることができる場となっています。

→担当教員の研究領域・担当科目等

博士前期課程

欧米文化専攻、日本文化専攻、社会学専攻の3専攻には、それぞれ3種類のコースが設けられています。

専門研究コース

希望する研究テーマにそって多様な科目の中から一定の条件にしたがって30単位以上の科目を履修し、加えて修士論文を作成するコースです。志願者が提出した研究計画書、入試の口述試験結果等に基づいて、入学時に各学生の指導教授が決定されます。この指導教授から、履修科目の選択に始まり修士論文作成に至るさまざまな過程で、アドバイスを受けます。

このコースでは、指導教授による修士論文作成指導のための演習が必修科目となっており、きめ細かな指導を受けることができます。

キャリアアップコース

3つのプログラムに分かれており、それぞれ免許状や資格の取得に力を入れます。
--------------------------------
1. 教員能力開発
2. 学芸員研究能力開発
3. 専門社会調査士資格取得
--------------------------------
■専攻横断科目について
教育実践研究(講義)と教育実践専門演習とがあり、教職課程に所属する教員と非常勤講師がそれぞれ担当します(複数開講)。総合的な教員能力・実践力を身につけるための専攻横断型の科目で、「キャリアアップコース」の「教員能力開発プログラム」の学生のために設置された科目ですが、他のコース・プログラムの学生も選択して履修することができます。

【授業内容】
教育実践研究
 以下4分野の講義(複数開講)
1. 教師教育の現状と課題 
2. カリキュラムと教育方法
3. 現代の学校教育の制度と実践
4. 教育行政と法制度

教育実践専門演習
 
以下4分野の演習(複数開講)
1. 教師教育の現状と課題 
2. カリキュラムと教育方法
3. 現代の学校教育の制度と実践
4. 教育行政と法制度

→担当教員の研究領域・担当科目等

生涯学習コース

主として社会人を対象にしたコースで、各自の研究テーマに基づいて科目を履修します。以下の研究テーマ例を参考に指導教授と相談して履修計画をたて、高度な教養や専門的知識の修得、語学力の向上など、それぞれの目標の達成をめざします。
--------------------------------
1. 語学力強化
2. 文化交流研究
3. ヨーロッパ中世研究
4. 日本伝統文化研究
5. 総合的ジェンダー研究
6. 地域市民メディア研究
--------------------------------
※上記3つのコースのすべてにおいて、一定の条件を満たせば1年での修了が可能となる「早期修了制度」が適用されます。また、2年分の学費で3年または4年かけての修了が可能な「長期履修学生制度」もあります。
※キャリアアップコースと生涯学習コースでは、修士論文の代わりに「特定課題研究(リサーチペーパーや調査報告書)」の提出が求められます。

博士後期課程

博士後期課程は、博士前期課程での研究をさらに深めようとする人のために開かれており、3年以上在学して指導教授の担当する「特別演習」12単位以上を修得するとともに、指導教授の指導を受けて博士論文を提出し、審査に合格すれば、博士の学位が授与されます。博士前期課程と同様に、欧米文化専攻(イギリス・アメリカ系、ドイツ系、フランス系、比較文化系)、日本文化専攻、社会学専攻の3専攻に分かれており、入学試験も専攻(系)ごとに行われます。

取得できる資格・免許等

欧米文化専攻

 ・中学校教諭専修免許状 「英語」「ドイツ語」「フランス語」「社会」
 ・高等学校教諭専修免許状 「英語」「ドイツ語」「フランス語」「地理歴史」
 ・学芸員資格

日本文化専攻

 ・中学校教諭専修免許状「国語」「社会」
 ・高等学校教諭専修免許状「国語」「地理歴史」
 ・学芸員資格
 ・日本語教員プログラム修了証

社会学専攻

 ・中学校教諭専修免許状「社会」 
 ・高等学校教諭専修免許状「公民」 
 ・学芸員資格
 ・専門社会調査士(博士前期課程のみ)

各種制度

早期修了制度(博士前期課程のみ)

成績優秀者が1年で大学院博士前期課程を修了できる制度です。

【条件】
1. 専門研究コースを選択した場合、入学前既修得単位が10単位認定されていること。
※キャリアアップコース、生涯学習コースではこれを条件とはしませんが、入学前既修得単位の認定は可能です。
2. 人文科学研究科が定める授業科目を30単位以上修得し、その2/3以上が成績優秀であること(認定された入学前既修得単位を含む)。
3. 修士論文あるいは特定課題研究の成績が優秀であること。
■大学院進学奨励学生制度 (武蔵大学在学生対象)
学部4年次から大学院科目を履修するもので、「早期修了制度」と組み合わせると効果的です。

【志願資格・条件】
1. 人文学部及び社会学部の3年次生。
2. 学部3年次終了時に、卒業に必要な単位を100単位以上修得し、かつ通算GPAが2.60以上の者。

選考に合格すれば、学部4年次に科目等履修生として10単位を上限に人文科学研究科の科目を履修することができ、さらに一定の条件をみたせば大学院入試において筆記試験が免除されます。大学院博士前期課程進学後は学部4年次で履修した人文科学研究科の大学院入学前既修得単位を含め、人文科学研究科の定める授業科目を30単位以上修得し、修得単位の2/3以上が優秀かつ修士論文あるいは特定課題研究の成績が優秀であれば、1年間での修了が可能です(早期修了制度)。これは本学の人文学部・社会学部と人文科学研究科との一貫教育を目指す制度であり、学部4年間と研究科1年間の計5年間で学士と修士の学位を取得することができます。

長期履修学生制度(博士前期課程のみ)

職業を有している等の事情により、2年間で博士前期課程を修了することが困難であると予め判断される者に対し、余裕をもって勉学を進めることを可能にする制度です。修業年限は「3年」または「4年」です。最長在学年限は、選択した修業年限に1年を加えた年限となります。入学時に申し込むことで、年間の授業料等は、標準年間授業料の2/3(3年の場合)、または1/2(4年の場合)となります。したがって、許可された修業年限内に支払う授業料等は標準修業年限(2年)で修了する場合と同額です。

※留年時は改めて授業料等を納める必要があります。

特別聴講学生制度

本学大学院に在籍している学生が、協定を締結した他大学院の授業を聴講できる制度です。研究科委員会で認定された場合、協定校で修得した単位は修了要件のうち10単位を限度に課程修了要件に含めることができます。

※年度により、協定校が異なることがあります。また、協定校によって聴講料が発生する場合があります。(以下の協定校は2016年3月現在)
■3大学大学院間の単位互換制度
武蔵大学大学院人文科学研究科、成城大学大学院文学研究科及び成蹊大学大学院文学研究科は、3大学院間の交流を促進し、大学院研究科の学生の研究上の便に供するため、単位互換に関する協定を締結しています。

■8大学院フランス語フランス文学専攻課程の単位互換制度(欧米文化専攻のみ)
武蔵大学大学院人文科学研究科欧米文化専攻では、大学院フランス語フランス文学専攻課程協議会に参加する8つの協定大学院フランス語フランス文学専攻課程と、単位互換を行っております。
→大学院フランス語フランス文学専攻課程協議会(仏専協)
〈協定校〉
青山学院大学大学院文学研究科フランス文学・フランス語学専攻
学習院大学大学院人文科学研究科フランス文学専攻
白百合女子大学大学院文学研究科フランス語フランス文学専攻・言語文学専攻
上智大学大学院文学研究科フランス文学専攻
獨協大学大学院外国語学研究科フランス語学専攻
明治学院大学大学院文学研究科フランス文学専攻
明治大学大学院文学研究科仏文学専攻

■社会学分野の単位互換制度(社会学専攻のみ)
武蔵大学大学院人文科学研究科社会学専攻では、社会学分野の大学院を設置する関東地区の国・公・私立大学大学院と、単位互換に関する協定を締結しています。
〈協定校〉
茨城大学大学院人文科学研究科
大妻女子大学大学院人間文化研究科現代社会研究専攻
駒澤大学大学院人文科学研究科社会学専攻
埼玉大学大学院文化科学研究科
上智大学大学院文学研究科新聞学専攻
成蹊大学大学院文学研究科社会文化論専攻
専修大学大学院文学研究科社会学専攻
創価大学大学院文学研究科社会学専攻
大正大学大学院人間学研究科人間科学専攻
千葉大学大学院人文社会科学研究科公共研究専攻・総合文化研究専攻
中央大学大学院文学研究科社会学専攻・社会情報学専攻
都留文科大学大学院文学研究科社会学地域社会研究専攻
東洋大学大学院社会学研究科
東洋大学大学院福祉社会デザイン研究科福祉社会システム専攻
常磐大学大学院人間科学研究科
常磐大学大学院被害者学研究科
日本大学大学院新聞学研究科
日本女子大学大学院人間社会研究科現代社会論専攻
法政大学大学院社会学研究科社会学専攻
明治学院大学大学院社会学研究科社会学専攻
明治大学大学院政治経済学研究科政治学専攻
明治大学大学院文学研究科臨床人間学専攻
立教大学大学院社会学研究科社会学専攻
立正大学大学院文学研究科社会学専攻
流通経済大学大学院社会学研究科社会学専攻
to-top