2017.10.04

Category:2017年度後期

企業担当者との初顔合わせ

20170930-4

 

9月30日(土)の2時限目~5時限目に授業が行われました。

午前中は課題提供企業としてご協力いただいている東芝プラントシステム株式会社と日本リック株式会社の企業担当者から、概要説明をそれぞれ30分ずつ行っていただきました。午後は企業ごとのチームに分かれて企業担当者との懇談会、キャリアコンサルタントとの面談、各学部チームに分かれての今後の活動の方針決めなど、一日かけて盛りだくさんのプログラムでした。

 

ご協力いただいている企業担当者の方々には授業開始時合同授業・中間発表会・最終報告会の3回のご来校をいただいています。企業の方と話す機会が初めてという学生も多く、毎回緊張した面持ちで学生たちは授業に挑んでいます。企業担当者からのプレゼンテーションは図や写真を使いながら分かりやすい説明で、学生たちにはプレゼンテーションの方法も大変勉強になったようです。

お忙しい中ご来校いただきました企業担当者の皆さまに、この場をお借りして御礼申し上げます。

 

20170930

 

このゼミの一つの目的に<社会人基礎力の育成>がありますが、その成長を手助けするためにキャリアコンサルタントとの面談を授業期間中に計3回行っています。

面談前には社会人基礎力12の要素ごとに質問票に文章で回答させています。自分自身の行動を振り返り、文章化することによって、客観的に自分を見る力を養います。さらにキャリアコンサルタントとじっくり話し合うことで、今まで気づかなかった強みや弱みを発見させることを企図しています。

今回の面談でキャリアコンサルタントからアドバイスを受けたことを、ぜひゼミ活動の中で実践してください。

 

20170930-3

 

いよいよ次回授業から三学部横断ゼミフェーズ1がスタートします。

11月11日(土)の中間発表会に向けて、課題に関してどれだけ多くの情報を集め、その情報に関してチームでどのように整理して自分達の着眼点を見つけることができるのでしょうか。

このゼミはチームワークやリーダーシップを向上することも目指しています。一人での作業ではなく、チームメンバーと協力し合い課題に取り組んでください。

 

20170930-5

 

最後に授業後の学生の日記を紹介します。

「私にとっては前回の授業でチームリーダーという役割を担ってから、司会やタスク進行予定を率先して決めるにあたって常にSNSが身近にある一週間だった。リーダー三人だけでも予定が合わず、懇談会についてSNSを利用して決めることが多かったのだが、文面では伝わりにくいこともあり、意見がまとまるまでに何回ものやり取りが行われた。文面でのやり取りの難しさを改めて感じることになったが、課題発見力や主体性に富む各学部リーダーとの意見交換は自分の至らなさに気づかされ、刺激を受け活動的になることができた。自分のリーダーや他リーダーとの関わりから課題ばかりを見ていたが、コンサルティングの方のアドバイスによりリーダーと一言で言っても様々だということに気づき、漠然としたリーダー像を追うのではなく、私がなるリーダー像、メンバーとの関係の持ち方が見えてきた。より具体性を持たせて、今後の活動で生かすため意識を常に持ちたい」

 

「他学部の質問や意見を聞いて、同じ事柄に対する考え方も学部ごとに異なり、その学部の特徴が色濃く表れていて、様々な考え方を知ることができた。自分は物事を多角的に捉えることが苦手なので、今日得た他学部の物事の捉え方を今後参考にしていきたい」

 

記:学部横断型課題解決プロジェクト運営チーム 伊藤 普子

ページトップへ