2017.10.06

Category:未分類

教職課程 後期の授業が始まりました

後期の授業が始まりました。9月21日に4年生、28日に3年生に対して後期履修に関しての全体のガイダンスを行いました。以下は、後期履修に向けての学生たちの決意です。

 

IMG_2211IMG_2202

 

早いもので、私が教員に向けて勉強を始めてから2年半が経とうとしています。入学当初は漠然とした思いで教職課程の講義を受け、何となく履修してきました。

しかし、現在の私には教員になることしか頭にありません。その理由は、2つあります。1つは、周囲の多くの方々に教員に向いていると言って頂けたから、もう1つは、これまで講義を受けてきて人に教えることの楽しさを実感したからです。

教員という仕事は非常に厳しい世界で、思いだけではなれるような簡単な道ではないことを重々承知しています。それでもまず、これからの後期の教職課程の講義を積極的かつ貪欲に学んでいき、再来年には教壇に立てるよう精進していきたいと思います。

人文学部 日本・東アジア文化学科3年 ひろやす

 

IMG_2206IMG_2218

 

「終わり良ければすべて良し」といいます。残り半年となった教職課程での「教職実践演習」の授業は、この4年間の総まとめとなります。入学したての頃の私はどんな学生だったかといえば、大学の授業は高校までに学んでいたことよりもはるかに高度で興味深く、ワクワクしながら学んでいたように思い起こします。

一転して現在では、一定の知識を得たものの、あの時ほどの新鮮さは失われてしまったかもしれません。今こそ初心に帰り、「竜頭蛇尾」にならないよう努めます。

人文学部 日本・東アジア文化学科4年 けんいちろう

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ