2015.04.24

活動ブログ名:武蔵One Point自然観察

ケヤキの花 単性花

ケヤキは武蔵のなかで最も数が多い樹木です。三号館の中庭にある大ケヤキは武蔵のシンボル樹であり、練馬の銘木に指定されています。あまりの高さなので、花を見ることはできないと思いがちですが、小さな枝が風に飛ばされて落ちていますので、観察してみてください。

 

IMG_9696
三号館屋上からみた大ケヤキ。この時はまだ葉が出ていませんが、隣のイヌシデは、新葉を茂らせていました。撮影日時: 2015:04:12 09:38:19

 
ケヤキでは、単性花が、春に新しく伸びた小枝の別の場所に咲きます。アオキの雄木と雌木という風に別株ではありませんが、雄花は枝の根元に多数、雌花は枝先に少数、それぞれ葉のつけねに咲いています。

 

IMG_9877

 

ケヤキの雄花は同じ場所から数個、まとまって咲いている。撮影日時: 2015:04:18 12:37:30

 

IMG_9895
採取したケヤキの小枝のアップ写真。小枝の元に雄花、先のほうに雌花がついている。撮影日時: 2015:04:18 12:56:54

 

IMG_9941
ケヤキの雌花は葉の元に一個だけついている。撮影日時: 2015:04:18 13:05:49

ページトップへ