2014.06.03

活動ブログ名:学校山林間伐

学校山林間伐体験 2014年5月25日

今年の学校山林、間伐体験には卒業生と在学生が参加してくれました。森林管理を担当してくださっている駒井さんの指導の元、1965年に植林した樹齢50年ほどの檜を2本伐採しました。長さは13メートルほどでしたが、倒れるときの重量感は格別でした。

その後、玉切り作業を行い、皮むきを体験しました。まだ生きている木ですから、皮をむくと樹液が流れ出て、檜の香りも強く感じました。カビが生えないように丁寧に、乾拭きしながら乾燥させると素晴らしい材になるということで、2本も背負って帰る卒業生夫妻もいました。かなり重かったそうですが、夕方、仕事から帰ると檜の良い香りが漂っているとのことでした。参加した方々には、例年通り、写真集とヴィデオ映像を配布しました。

 

IMG_8210

学校山林への道沿いでは、まずは檜と杉の見分け方を習い、山の神様のことや日本の森林のことなどを話ながら心地よく歩きました。

 

IMG_8228

道には所々、古い道標があって、自動車がない時代の古い道は尾根沿いにまっすぐに作られることが多く、かつて山は賑やかだった。

 

IMG_8272

倒す方向を見定めるとどのようにして口を開けるか指導をしてもらっているところ。

 

IMG_8275

倒すべき方向に口を開け、その上数センチを鋸をつかって水平に切っていく。

 

IMG_8310

密植してあるので、どうしても木が引っかかることが多く、そういう場合の安全の確かめ方、ロープのかけ方、引き倒し方なども教わった。

 

IMG_8322

力一杯、リズムを付けて引き、振動に合わせて一気に引き倒す。

ページトップへ