DSC01673

2015.3.25

人文学部

フィールドワークで実感する研究の方法...

現在とつながる過去のようすを知るうえで、基本的な研究の材料となるのは、古文書などの文字史料...

s-IMG_0824

2015.2.26

人文学部

異文化をめぐる諸問題を考える

文化、異文化間コミュニケーション、文化的アイデンティティ、偏見、差別…これらは、私たちが日...

最難関大学の一つカリフォルニア大学バークレー校

2015.1.27

人文学部

米国教育の国際競争力を考える

アメリカ教育制度に対する国際的な評価は、初等・中等教育と高等教育とで大きく異なります。初等...

美術展「アールヌーヴォーとアールデコ」展の見学 2014年5月

2014.12.31

人文学部

西洋の美術からイメージを読む

香川ゼミ[専門ゼミナール(芸術と文化)]では、絵画やポスター、写真や建築まで、ヨーロッパの...

Weekly training session guidance

2014.12.2

人文学部

英語コーチング(人文学部合同プロジェクト)...

The Faculty of Humanities Coaching Program is...

Referee

2014.11.2

人文学部

スポーツをテーマとして論文を書く!...

人文学部では、所属する3学科を超えて、卒業論文を執筆することが可能です。その受け皿となるの...

ソウル・昌徳宮前にて

2014.9.22

人文学部

2014韓国ゼミ合宿

毎年恒例の韓国ゼミ合宿を、今年も8月25日(月)から29日(金)まで4泊5日の日程で実施し...

マルコ・ポーロと『東方見聞録』

2014.7.7

人文学部

中国の民族と社会

私が担当している「中国の民族と社会」の演習では、毎年、前期において、古典的な著書を参加者全...

Buddha_of_Suburbia(1st_edn_front_cover)

2014.5.25

人文学部

The Challenges of Discus...

The opening chapters of Hanif Kureishi’s 1990...

中世ドイツの帝国自由都市ネルトリンゲン

2014.5.3

人文学部

中世ドイツの日常を探る

      今日のドイツ語にはたくさんの慣用表現があります。...

検討したワークブック

2014.3.27

人文学部

生徒の学びを支える教員になるために...

教員養成(教職)課程では、教員としての専門性の基礎を身につけるために、「教員のためのリフレ...

それぞれの個性的なテーマにそったレポート作成

2014.2.26

人文学部

「為己」の学びを始めてみよう

日本・東アジア文化学科の1年次生を対象とする基礎ゼミナール(基礎ゼミ)は、おおむね六名の教...

together2

2014.1.30

人文学部

ホロウェル基礎ゼミ

【ホロウェル基礎ゼミについて】 A common translation for the ...

DSC01973

2014.1.15

人文学部

人間は偉大か悲惨か

今日は、一年間の専門ゼミナール(3年次)の最終日。学生たちがそれぞれに最終レポートを持ち寄...

20131129_f3ed3de4e323a2ea732537d5a705e54d-300x225

2013.11.29

人文学部

文化財の科学にチャレンジ

「ことば・うごき・もの」を通じて,人間は自らを表現してきました.「もの」による表現は,言語...

2013韓国ゼミ合宿

2013.10.17

人文学部

2013韓国ゼミ合宿

今夏も無事「韓国ゼミ合宿」を終えました。この合宿は人文学部だけでなく、武蔵大学で韓国に関心...

シェイクスピアを読む

2013.9.17

人文学部

シェイクスピアを読む

イギリスや英語圏の国々は言うまでもなく、世界のさまざまな国でさかんに上演され、読み続けられ...

日本東アジア文化学科:史料を片手にフィールドを歩く(高橋一樹)

2013.7.24

人文学部

日本東アジア文化学科:史料を片手にフィールドを歩...

誰もみたことのない遠い過去の風景や暮らしぶりは、どうしたら知ることができるでしょうか。歴史...

身体で感じた疑問を探求する(森健一)

2013.6.20

人文学部

身体で感じた疑問を探求する

なぜ、ウサイン・ボルト選手は足が速いのでしょうか? なぜ、ダルビッシュ選手はすごく曲がるス...

恐怖小説を英語で読む (新納卓也)

2013.5.8

人文学部

恐怖小説を英語で読む

今年度の「英語圏文化ゼミナール」では、恐怖小説を研究対象として、英米文学のなかでも良く知ら...

ページトップへ