カテゴリー : " 英語英米文化学科 "

2017.10.30

人文学部

アメリカ文学の原書を読む

今年度の「アメリカ文学ゼミナール」では、F・スコット・フィッツジェラルドのThe Grea...

角田ゼミ写真1

2017.1.26

人文学部

海の交流の歴史を旅する

英米そして広く英語圏の文化と社会は、人々が大西洋を越えて交流してきた歴史から作り出されて来...

印刷した報告書

2016.4.28

人文学部

ゼミ報告書の完成

  2015年度の「英米の芸術ゼミナール」では、ゼミで学んだ成果のまとめとして、...

土屋武久ゼミ

2016.1.25

人文学部

英語プレゼンではっちゃける!

このゼミは、なにより学生たちの仲のよさが自慢です。和気あいあいの雰囲気で互いを認め合いなが...

ゼミの様子

2015.6.25

人文学部

シェイクスピアはみんなの同時代人

皆さんはウィリアム・シェイクスピアの名前を聞いたことがありますか?聞いたことがない方もいら...

2015.1.27

人文学部

米国教育の国際競争力を考える

アメリカ教育制度に対する国際的な評価は、初等・中等教育と高等教育とで大きく異なります。初等...

2014.12.2

人文学部

英語コーチング(人文学部合同プロジェクト)...

The Faculty of Humanities Coaching Program is...

2014.5.25

人文学部

The Challenges of Discus...

The opening chapters of Hanif Kureishi’s 1990...

2014.1.30

人文学部

ホロウェル基礎ゼミ

【ホロウェル基礎ゼミについて】 A common translation for the ...

シェイクスピアを読む

2013.9.17

人文学部

シェイクスピアを読む

イギリスや英語圏の国々は言うまでもなく、世界のさまざまな国でさかんに上演され、読み続けられ...

恐怖小説を英語で読む (新納卓也)

2013.5.8

人文学部

恐怖小説を英語で読む

今年度の「英語圏文化ゼミナール」では、恐怖小説を研究対象として、英米文学のなかでも良く知ら...

thumbnail

2012.3.30

人文学部

比較文学ゼミナール2(波多野直人)...

地下生活者の手記をめぐる文学   同ゼミの1では後藤明生の『挟み撃ち』を原文と英訳をおりま...

英語学ゼミナール(ジェイソン・ホロウェル)

2011.12.1

人文学部

英語学ゼミナール(ジェイソン・ホロウェル)...

以下の文章はホロウェル先生が英語学ゼミの内容について英語で書かれたものです。このゼミの特色...

卒論・英文エッセイゼミナール1(谷 憲治)

2011.6.20

人文学部

卒論・英文エッセイゼミナール1(谷 憲治)...

最近の日本人は、あまり「つながり」というものに関心がなく、地域社会も崩壊しているとマスコミ...

英語圈の思想演習(山崎光治)

2011.3.14

人文学部

英語圈の思想演習(山崎光治)

学生「先生、来年度はいないんですって。またイギリスにでも行くのですか。」   先生「特別研...

卒業論文・英文エッセイゼミナール2(谷 憲治)

2010.11.22

人文学部

卒業論文・英文エッセイゼミナール2(谷 憲治)...

12月中旬の卒業論文提出期限に向けて、現在、コミュニケーションコースの4年生は徹夜の日々が...

アメリカ文学演習(新井 景子)

2009.11.2

人文学部

アメリカ文学演習(新井 景子)

今年度のアメリカ文学演習では、Willa CatherのMy Ántonia(1918)と...

コミュニケーション演習B(直井 一博)

2009.11.2

人文学部

コミュニケーション演習B(直井 一博)...

英語コミュニケーションコースの学生は3年次にコミュニケーション演習BならびにCを履修し、4...

英語圏文化演習(川島浩平)

2008.9.22

人文学部

英語圏文化演習(川島浩平)

今から2年ほど前に、ある私立大学客員研究員として、家族を伴いアメリカに半年ほど滞在したこと...

英語圏文化演習 (平田美和子)

2008.6.30

人文学部

英語圏文化演習 (平田美和子)

英米比較文化学科の学生は、1年次の入門演習で大学における勉強の基礎を学ぶことから始めて、卒...

ページトップへ