2016.03.11

Category:経営学科

経営学科 准教授 森永雄太

1年間の学びを「振り返る」ゼミ合宿

森永専門1ゼミでは、山梨県都河口湖にて一泊二日で合宿を行いました。森永ゼミでは、学生主体でゼミを運営しています。今回の合宿も、ゼミ内の企画委員が主体となって運営してくれました。コテージを借り、森永ゼミとして初めて臨んだゼミ合宿の内容を企画委員会がご紹介します!

 

 

合宿では、一年間の振り返りを行いました。活動を共にしてきたチームに分かれ、良かった点や足りなかった点を出し合い、来年度はどのような挑戦をするか考えました。

振り返りから得られた学びはたくさんありました。なかでも多くのゼミ生が、「組織の連携と情報共有」に関して学んでいました。私たちはこの1年、学生中心にゼミを運営することに挑戦してきました。その中で、チーム内で情報共有したり、チーム同士で連携したりすることの難しさを学びました。また、メンバー間でフィードバックをする時間を確保する難しさに戸惑い、試行錯誤を重ねる一年でもありました。しかし今回振り返ってみると、スケジュール作成やゼミ内の情報共有がスムーズにできるようになったという成長もあったことを改めて確認しました。ゼミを学生が自主的に運営することによって、一人一人が成長している、と実感できました。

 

ゼミブログ写真1

 

また、1日目の晩御飯は森永先生監督によるカレーライスとポテトサラダをゼミ生で作りました。先生が料理好きだということで、先生と学生とで協力して作り上げることが出来ました。どちらも本格的でとても美味しくできました!是非食べてほしいですね!

2日目は河口湖周辺の観光をしました。山の頂上から見た富士山はとても大きく、感動的でした。山梨の郷土料理でもあるほうとうも食べ、身も心も満喫することができました。

 

ゼミブログ写真②

 

今回の合宿では、はじめて長時間ゼミ生と共に過ごすことになりました。普段はなかなか話せないゼミ生と話し、新たな一面を見ることもでき、とても充実した2日間を過ごせたと思います。このゼミ合宿で得た学びを来年度のゼミに活かしていきたいと思います。

(2015年度森永専門1ゼミ 企画委員会)

ページトップへ