トップ
武蔵の学び

トップ 大学案内 大学の取り組み学生の生活と人権に関する体制

学生の生活と人権に関する体制

武蔵大学は、学生と教職員等の構成員が学業、課外活動、研究、教育およびそれらを支えるさまざまな業務を行う上で、個人として尊重され、お互い信頼しあって活動できる環境を整え、これを維持することを目指しています。
→ハラスメント・人権に関する詳しい情報はこちらをご覧ください。

学生の生活と人権に関する宣言

学生の生活環境と人権に関する宣言
― 大学でのセクシュアル・ハラスメント防止に向けて ―



武蔵大学は、学生と教職員等の構成員が、学業、課外活動、研究、教育およびそれらを支えるさまざまな業務を行う上で、個人として尊重され、お互いに信頼しあって活動できる環境を整え、これを維持することを目指しています。

自由な学問と教育の場である大学にとって、個々人の人権の尊重は不可欠です。構成員の人権を侵害し、能力の発揮を阻害して不利益をもたらす性別、人種、国籍、思想、信条、宗教、性的志向などに関連したハラスメントが黙認されたり、見過ごされることがあってはなりません。本学は、人権侵害の防止のために努力し、いかなる構成員による、いかなる形態の人権侵害にも厳正に対処していきます。

人権侵害のうち、いま大学で緊急な取り組みが求められているのがセクシュアル・ハラスメントの問題です。大学でのセクシュアル・ハラスメントとは、相手が望まない性的な言動によって、就学、就業上の不利益を与えたり、それを示唆したり、大学での生活環境を悪化させることを言います。セクシュアル・ハラスメントの背景には、女性と男性との力関係、性役割についての固定的な観念、性的な事柄に関する通念などがあります。さらに大学には、成績や業績の評価にかかわる力関係や、先輩、後輩など立場の強弱があるため、セクシュアル・ハラスメントの被害にあっても、訴え出にくい事情もあります。問題が生じた場合に解決に努めるだけでなく、セクシュアル・ハラスメントを予防する日常的な取り組みが重要です。

武蔵大学は、責任をもってセクシュアル・ハラスメントを始めとする人権侵害の防止策を進めることを宣言します。
武蔵大学

武蔵大学人権侵害防止に関するガイドライン(243KB)
to-top