トップ
武蔵の学び

トップ 大学案内 大学の取り組み 大学教育改革事業等への取り組み学生就活サポーターと新就職システム

平成21年度 文部科学省「大学教育・学生支援推進事業」
学生就活サポーターと新就職システム

学士力の確保や教育力向上のための取組の中から、達成目標を明確にした効果が見込まれる取組について、文部科学省が公募し、採択されたものです。 学生のみなさんにとってより納得できる進路選択及び就職活動に臨むための自立を促し、学士力並びに社会人としての基本的資質向上を目指します。

研究組織

研究組織:キャリア支援センター

プロジェクトの内容

以下の2点を本取組の中心として4年間の一貫したキャリア教育充実を図り、建学の理念のひとつである「自ら調べ考える力ある人物」の育成、発展を目指します。

(1)就活サポーターと1・2年生支援プログラムの充実
早期段階からのキャリア形成への意識付けを狙い、1・2年生支援プログラムの充実を図ります。また、就職活動を終えた4生が「就活サポーター」としてキャリア支援センターに常駐し、在学生の相談に対応することで相談体制の強化を狙います。

(2)就職支援システムの導入
学内共通データベースを利用した就職システムを導入します。相談内容、支援プログラムの結果などを広く情報共有し、学生のみなさんひとりひとりへのより効果的な教育を実現することを目指します。
本プロジェクトのお問い合わせ
武蔵大学 キャリア支援センター

Email:career@musashi
to-top