トップ
武蔵の学び

トップ 大学案内建学の理念と教育の基本目標

建学の理念と教育の基本目標

建学の理念

建学の三理想

わが国初の旧制七年制高等学校がルーツ

武蔵大学は、明治末から昭和初期にかけて財界で活躍した根津嘉一郎(初代)が、1922(大正11)年に社会貢献の目的で創立した、わが国初の七年制高等学校である旧制武蔵高等学校を前身としています。
「人間形成を根幹に、明日の新しい日本を担う、優れた人材を育てる」という理想を掲げた旧制武蔵高等学校は、その後の学制改革にともない、1949(昭和24)年に武蔵大学となりました。激しく揺れ動く現代の社会環境の中にあって、旧制高校創設時に掲げた「建学の三理想」は、本学の教育の原点となっています。

武蔵大学の教育の基本目標(人材養成の目的)

3つの目標

武蔵大学は、学園建学の精神(三理想)に基づき、学部においては各学部の専門教育と全学共通の総合教育を通じて、大学院においては各研究科の教育課程を通じて、「自立」「対話」「実践」を教育の基本目標とした人材養成を行っています。この3つの基本目標は、より具体的には、自ら調べ自ら考え、他者を尊重しながら心を開いて対話を行い、世界に思いをめぐらしながら身近な場所で実践し、また世界にはばたいて文化的な交流や実務的な共同作業を担う自立した活力あるグローバル市民を育てることを意味しています。その過程で重んじられているのは、学びとった知を社会生活に応用し、その実践のなかで得られた体験や問題意識を知の営みに還元すること、すなわち「知実践融合」の精神です。

策定経緯と大学の将来ビジョン

武蔵大学の初代学長を務めた宮本和吉は、最初の入学式において「視野の広い、世界人としての日本人、自ら調べ自ら考え、批判的精神を失わない日本人を作り上げる」と述べ、旧制高校時代の建学の三理想、人格主義、教養主義を受け継ぎつつ、ゼミナールを基礎とした少人数教育と外国語教育の重視を柱とした教育方針を打ち出しました。
その後、社会情勢が大きく変化する中で、2006(平成18)年度に策定された武蔵学園将来構想計画では、当時の大学のビジョンを次のように定めています。
「武蔵大学は、21世紀の新たな時代と社会において大学に求められる知の創造、継承と実践にその教育研究活動を通じて貢献すること(「知と実践の融合」)を基本的な理念とし、知的実践の基盤となるリベラルアーツを重視した教育に重点を置く大学としてその社会的使命を持続的に果たしていくことを目指す。」
そして、この理念・使命を達成するための教育の基本目標について、「『建学の三理想』と『自由闊達な学風』の今日的な意義と有効性を踏まえ、その新たな展開を図る。すなわち、①自ら調べ、自ら考える(自立)、②心を開いて対話する(対話)、③世界に思いをめぐらし、身近な場所で実践する(実践)ことができる 資質・能力を有し、21世紀の社会を支え発展させうる『自立した活力ある人材』を育成する」と定めています。

グローバル化やボーダレス化が一 層進む中、2014(平成26)年3月の理事会において、創立百周年に向けた武蔵学園の経営戦略として「まなざしを世界に向け、21世紀の課題を担う国際人 を育てる学校を目標とする」という「理事長ドクトリン」が採択されました。そして、同年10月の理事会では「〈世界に開かれたリベラルアーツの学園〉となることを目指す」と題した「学園長プラン」が定められました。これらを受けて、武蔵大学は、第三次中期計画(2016~21年)において、2022(平成 34)年の学園創立100周年に向けて大学の目指す新しいビジョンを「異文化を理解し未来を創造する教養あるグローバル市民の育成~創立100周年に向け 原点に立ち返り、学園建学の三理想の継承と未来への変革を目指す~」と定めました。

第三次中期計画では、この新ビジョンのもとに、戦略的事項として「リベラルアーツ教育を基盤とした〈グローバル市民〉の育成」を掲げ、グローバル化に向けた各学部の新しいプログラムやコースを着実に運営するとともに、リベラルアーツ教育の一層の拡充を目指しています。
学園創立100周年に向けた第三次中期計画が策定され、新しい大学のビジョンが示されたことを契機として、学園建学の三理想と教育の基本目標に基づきつつ、各学部・研究科の3ポリシーを見直すとともに、「武蔵大学グローバル教育方針」を策定しました。

武蔵大学のグローバル教育方針

武蔵大学の教育の基本目標を踏まえ、「新しい大学のビジョン」として示された「異文化を理解し未来を創造する教養あるグローバル市民の育成」のために「武蔵大学グローバル教育方針」を定めます。

 1. 異文化理解の促進と、多様な他者と協働して社会に貢献できる対話力・共感力の涵養

 2. グローバルな思考力の育成と、外国語運用能力の向上
 
本方針は、全学ディプロマ・ポリシーのうち、「異文化を理解し多様な他者と協働して社会に貢献できる対話力・共感力」「グローバルな思考力と、これを支える充分な外国語運用能」と密接に関係しています。

武蔵大学のグローバル教育方針に基づく施策および数値目標

本学が推進する「グローバル教育」には、全学的視野に立ってグローバル教育センターが推進する「授業外学習支援」と、各学部・研究科のカリキュラムに基づく授業から成り立っています。以下は、全学的な取り組みとして進められる施策および第三次中期計画最終年度(2021年度)までに目指す数値目標です。なお、各学部・研究科が行うグローバル教育については、各学部・研究科で各種方針を定めています。

(1)長期留学(期間1セメスター以上)と短期語学研修、さらに海外ボランティアや国際インターンシップなどの海外体験の機会を拡充するとともに、これらの機会を利用しようとする学生に対する奨学制度の充実を図る
[数値目標]  交換留学協定校30校以上、派遣する長期留学生数、年間のべ60名以上

(2)海外協定校からの留学生、インターンなどを受入れる態勢を整備し、本学が「留学先」として十分な魅力を有していることをアピールするとともに、受入れ留学生との交流の機会をいっそう拡充する
[数値目標]  受入れ長期留学生数、年間のべ60名以上

(3)テンプル大学ジャパンキャンパス (TUJ) との提携を深め、単位互換制度の積極的利用を奨励するとともに、同校をはじめとする海外協定校との間でダブル・ディグリーやジョイント・ディグリーなど新たな制度の構築を模索する

(4)Musashi Communication Village (MCV) を本学における外国語学習ならびに異文化理解のための「授業外学習支援」の拠点として位置づけ、英語の実践的運用能力の向上をめざす学生が自発的に取り組む環境を維持するとともに、各学部が設置する特別コース・プログラム〔ロンドン大学と武蔵大学とのパラレル・ディグリー・プログラム(PDP)、グローバル・スタディーズコース(GSC)、グローバル・データサイエンスコース(GDS)〕を履修する学生に対してもニーズに応じて支援態勢を充実させる。また MCV において企画・実施される各種イヴェントをつうじ、英語以外の外国語と各国・地域の文化に授業以外の場で親しむ機会を学生に提供するとともに、留学生の日本語学習を授業外で支援する場としても MCV を活用する

(5)学生の英語運用能力の着実な向上を図る。その施策の一環としてTOEIC 受験を奨励し、また TOEIC®IP 受験の機会を学内で提供するとともに、TOEICスコアアッププログラムをはじめとする継続的学習支援体制を整備し、運用する
[数値目標]  TOEIC スコア 700点を突破する学部学生を全体の2割以上

これらの施策および数値目標の背景に共通しているのは、武蔵大学の「教育の基本目標」のひとつ「実践」(「世界に思いをめぐらしながら身近な場所で実践し、また世界にはばたいて文化的な交流や実務的な共同作業を担う自立した活力あるグローバル市民を育てる」)に籠められた願いであり、在学生に対しては、社会に出てそのように活躍するための準備期間として大学生活を有意義に過ごすことを期待する。

創立者 根津嘉一郎

根津嘉一郎

国家の繁栄は
育英の道に淵源する
根津嘉一郎
武蔵高等学校を創立したのは根津嘉一郎(初代)です。東武鉄道や南海 鉄道など日本国内の多くの鉄道事業に携わり「鉄道王」と呼ばれました。 一方で、渋沢栄一率いる渡米実業団の一員としてアメリカを視察した際、 実業家たちが大学や美術館に多額の寄付をしていることに強い感銘を受 け、「国家の繁栄は育英の道に淵源する」という信念のもと、武蔵高等学校や根津化学研究所の創立など、教育・文化事業にも情熱を傾けました。 根津は古美術愛好家としても知られ、茶人でもあった彼の収集品を展示 するため、没後「根津美術館(東京都港区青山)」が設立されました。根津美術館は根津の私邸跡を利用した広大な日本庭園と、日本・東洋美術のあらゆる分野の一級品を揃えることで知られています。
武蔵学園記念室のご案内

大講堂2階に位置する武蔵学園記念室は、 武蔵学園に関する資料を収集・整理・保存し、一般の方にも公開展示しています。
【開室時間】月曜〜金曜 10:00〜16:00(12:30〜13:30 は昼休みのため閉室)

→武蔵学園記念室
to-top