トップ
武蔵の学び

トップ 大学案内 教育情報の公表 5.授業科目・年間授業計画カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

武蔵大学のカリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

全学

【大学】
武蔵大学は、学園建学の三理想ならびに大学の教育の基本目標とディプロマ・ポリシーにもとづき、次の方針で教育課程を編成し、実施します。

  1. 少人数ゼミナール教育を学びの基盤とし、1~4年の各年次に各学部の専門科目として必修のゼミナール型授業(実習を含む)を配置する
  2. 文理の壁を越えたリベラルアーツに基づく幅広い教養を身につけるために、6つの分野からなる全学共通の総合科目を置く。総合科目においても少人数教育を徹底させるために各分野に実践科目を配置する
  3. グローバル化する社会に対応しうる充分な英語力を涵養するために、少人数クラスを軸とした英語の必修授業を設けるとともに、多言語多文化学習に対応した外国語科目を配置する
  4. 各学部の壁を越えて、他分野の専門科目を学ぶことができる仕組みとして全学対象専門科目を置く
  5. 各学部の教育研究上の目的及びディプロマ・ポリシーにもとづき、専攻領域を段階的かつ体系的に学べるよう専門科目を配置する
  6. 各学部の専門的な学修の集大成として、卒業論文・卒業制作・ゼミ論文等を配置する
  7. 学修成果を適切に評価するためにGPA制度を厳格に運用する。また、各学部・学科において、知識・技能、思考力・判断力・表現力、主体性・協調性などを複眼的・総合的に評価する方法を定める
  8. グローバル社会におけるリーダー層を育成するために、各学部の特徴を生かしたプログラムやコースを設置する

【大学院】
博士前期課程においては、各研究科の各コース別に定められた専門的知識と諸能力を修得させるために、専門科目を体系的に配置し、指導教授を中心とする組織的な研究指導体制のもとで、コース別の教育課程を編成します。
博士後期課程においては、専門の研究領域においてオリジナリティのある自律的で高度な研究活動ができる能力とその基盤となる学識を修得させるために、指導教授を中心とする組織的な研究指導体制のもと、博士論文完成に必要な教育課程を編成します。

各学部・研究科のカリキュラム・ポリシー

to-top