トップ
武蔵の学び

トップ 大学案内 研究者情報の公表研究倫理教育

研究倫理教育

武蔵大学における研究倫理教育に関するご案内。

研究倫理教育について

本学では「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日文部科学大臣決定)に対応するため、広く研究活動に関わる者を対象として、研究倫理教育を実施することになりました。研究倫理教育教材としてはCITI Japan e-ラーニングプログラムを採用しています。

受講対象者

●専任教員(教授、准教授、専任講師、助教:府省共通研究開発管理システム(e-Rad)登録者)
 ※科研費など競争的資金等の研究実施有無に関係なく上記の専任教員はすべて対象となります。
●総合研究所研究員(科研費の研究代表者及び研究分担者のみ)
●大学院生(科研費など競争的資金等による研究を実施している者のみ)
●職員(競争的資金等の管理に携わる研究支援課専任職員)

ログイン

受講コース

武蔵大学 基本コース(2015)

<内容>
責任ある研究行為について/Responsible Conduct of Research
●研究における不正行為/Research Misconduct
●データの扱い/Data Handling
●共同研究のルール/Rules for Collaborative Research
●オーサーシップ/Authorship
●盗用/Plagiarism
●公的研究費の取り扱い/Managing Public Research Funds

受講マニュアル

受講対象者の方は、受講マニュアルをダウンロードの上、下記の受講手順に従い、研究倫理教育を受講してください。

1. CITI Japanにログインして、「武蔵大学 基本コース(2015)」を選択します。
2. 受講(Start)に際し、受講に先立つ誓約に同意します。
3. 受講後、単元の末尾にある「クイズを行う/Take the quiz」に回答すると修了証が発行されます。
※修了証はご自身で大切に保管してください。提出の必要はありません。
※クイズは80%正解した場合、修了となります。80%正解するまで、繰り返しクイズを受けることができますので、復習をお願いします。
4. 受講終了です。
 
受講マニュアルのダウンロード(1.20MB)

※なお、既に他機関からの指示により、受講されている方は、受講修了となりますので、お手数ですが、当該受講科目の修了証のコピーを担当事務局までご提出ください(但し「武蔵大学 基本コース(2015)」とすべて同等の内容を含んでいるこが必要です)。

受講期限

平成27年度受講期間は、2016年2月末日までとなります。

その他

●ユーザIDとパスワードは別途配付する案内文書に記載のものをご利用ください。
●受講のタイミングについては、「平成27年4月1日時点で本学に所属する研究者に対しては平成27年度及び5年ごと」、「平成28年度以降の新規着任者に対しては着任時に実施し、2回目は着任後5年以内であっても既所属者への研究倫理教育実施年度」とします。
●修了状況については担当事務局が確認し、研究倫理教育責任者へ通知します。受講期限における未受講者に対しては研究倫理教育責任者より再度受講依頼をさせていただきます。
●ユーザーIDとパスワードを紛失した場合や受講に関するお問合せは担当事務局までご連絡ください。
  担当事務局のご案内(学内専用)
to-top